やっとの思いで採用できた新入社員も何らかの理由で退職してしまう…

新入社員の3割は1年以内に退職してしまうと言われているので、ある程度は仕方がないかと思いますが、欲を言えば退職して欲しくない。

 

 

そこで今回は実際に私が最近の新入社員がどのような時に「辛い」「辞めたい」と感じるのか、私が話を聞いて気付いたことや感じたことを紹介していきます。

 

 

新入社員が辛いと感じる原因

新入社員がどのようなタイミングで、どのようなことが原因で「辛い」「辞めたい」と感じてしまうのでしょうか?

もちろん、たった1回の出来事で「辞めたい」「もうだめだ」と思うことは少ないと思います。

「辛い」「辞めたい」と思うに至る多くの要因は些細なことの積み重ねだと思います。

些細な要因が積もり積もっていき、ある人の一言だったり、大きなミスがあったりしたタイミングで、かなりのショックを受けてしまうケースが少なくありません。

 

 

《新入社員は覚えることが多すぎる》

要因の1つとしてまずは「覚えることが多い」ということです。

これは、恐らく職種や業界は関係なく、当てはまる新入社員は多いと思いますし、今、指導や教育をする人、管理職についている方などは、忘れてしまっているかもしれませんが大勢の人が経験してきたことだと思います。

 

覚えることは、業務内容だけではありません。

ビジネスマナーや、敬語・謙譲語の使い方、あいさつの仕方、連絡をするタイミングや報告の仕方、相談していい場合と、自分で考えなければならないことの判断など、社会人になって初めて直面する課題に囲まれていることでしょう。

 

さらに、職場独自のルールであったり、内容によって相談や報告をする上司が違ったり、時には理由がさっぱりわからない規則まであったりするかもしれません。

新入社員は、本当に覚えることだらけのため、その量に辟易してしまい、大きな不安と共に、辛いと感じる場合があります。

 

 

《職場の雰囲気になじめない》

職場には様々な人が働いており、個性豊かな人たちが作り出す「職場の雰囲気」があります。こういった人々との人間関係がうまく構築できずに「辛い」と感じてしまう新入社員がいます。

 

職場の人間関係がうまくいかなければ、新入社員だけの問題ではなく実際の仕事にも、仕事の効率や学習スピードにも悪影響が出てしまいます。

こういった人間関係の問題は悪循環に陥ってしまうことが多いと思います。

例えば、パートナーやトレーナーになる相手と折り合いがつかなければ、分からないことがあってもなかなか尋ねることが出来ず、仕事が出来ないままになることでしょう。

そして、仕事ができないままだと、怒られたり、評価をされなかったり…

こういった悪循環でその人との関係改善が難しくなる一方といったパターンです。

1人だけでなく、周りの複数の人と、そのような状態になると、とてもこの職場ではやっていけないと感じてしまいます。

 

 

《社風が合っていない》

会社には、ある一定のルールやスローガン、考え方や価値観などを共有している必要があります。それを多くの場合「社風」などと表現しますが、その社風が自分には合っていないと感じる新入社員もいました。

 

仕事は片手間で行うことではありませんし、新入社員ももちろん、真剣に仕事に取り組もうとしています。

しかし、だからこそ社風と自分の考え方・価値観が合わないと、敏感に反応してしまうこともあります。ちょうど、恋人としてならOKでも、結婚相手として考えるとNGというケースがあるのと似ているかもしれません。

 

真剣に取り組もうとしているからこそ、ちょっとした社風と、自分の価値観・考え方の違いが大きな障害となり、職場での居づらさを感じてしまう新入社員もいます。

 

 

自分が新入社員だった時は確かにこういったことに辛いと感じて、悩んだり時には辞めたいと思っていたなー実際に辞めてしまったりしていたなーと、新入社員にとってわかってもらえない先輩・嫌な上司になっていた時もあったのかなと、反省しました。

 

まだまだ新入社員が「辛い」「辞めたい」と思いことはありますので、今後紹介していきたいと思います。