妊娠検査薬に失敗してしまったけど、毎月遅れることなく来てた生理が来ないって事は妊娠しとるやろうと、病院に行って妊娠が確定。

しかも二卵性の双子ちゃんの妊娠でした。

 

そこで2回目の検診で少し余裕があったので、妊娠検査薬の上手な検査方法について先生に教えて頂いたので、ご紹介します。

検査薬にも色々な種類があるので、全てに当てはまる訳ではありませんが、現在ドラッグストアで良く売られている物のケースで教えてもらいました。

 

妊娠検査薬とは

そもそも、妊娠検査薬ってどんな物で、どう言った原理なんでしょうか。

受精卵が子宮に着床すると、そのまま着床状態を維持する為に子宮内膜と言う膜が張られて、受精卵が体外に出ないように体が働きます。

そこで黄体ホルモンの分泌を継続させるhCGという成分が胎盤から分泌され、その成分は尿にも含まれるので、それが検査薬に反応して陽性か陰性か判断が出来るものです。

ちなみにそのhCGは受精卵が着床して初めて分泌されるので、胎児が子宮にいる状況でないと陽性反応は出ません。

 

妊娠検査薬の正しい使い方

まず、陽性と陰性について、ご説明すると妊娠の可能性がある事を陽性、現段階ではないものを、陰性と言い市販の検査薬では、窓枠に線が出たら陽性、出なければ陰性と判断します。

では、陰性と陽性について理解して頂いた所で、正しい使い方についてご説明していきます。

 

①妊娠検査薬に適した適正使用時期に使う

→検査薬の感度によって異なりますが、一般的なものは生理予定日の1週間以降が良いです。

中には早期妊娠検査薬と言う物もあって、生理予定日から使えるものもありますが、逸る気持ちもあって早く検査をすると、妊娠していても陰性反応が出る事もあるので気を付けましょう。

気持ちを落ち着かせて、生理予定日の1週間以降に検査する方が良いと思います。

 

②尿を採尿部にかけたり、紙コップに採尿した物に検査薬を浸す

→個人的には採尿した物を浸す事をおススメします。

手にかかる事を躊躇して、採尿部にうまく当てられない可能性もあるので。

 

③水平にして終了サインが出るまで待機する

→終了サインが出ないからと、振ったりするのは絶対ダメです。

 

④判定窓を確認する

この通りやったはずなのに、どうも上手く行きませんでした。

次に、妊娠検査薬の失敗につながるかもしれない行動についてお話ししていきます。

手順はあっていても、間違ったやり方だと、上手く検査出来ないので、注意しましょう。

 

①便器内に妊娠検査薬を落としてしまった

→尿以外の水分が、採尿部に浸されてしまうと、陰性反応が出てしまう可能性があります。

 

②終了窓にサインが出ない

→採尿部に浸す尿が足りなかったり、妊娠検査薬に問題があった可能性があります。

その妊娠検査薬を再利用しても、正しい検査結果が出ない可能性があるので、新しい妊娠検査薬を使う必要があります。

 

③終了サインが出るまで、待機している時に妊娠検査薬を斜めにしてしまった

→終了窓にサインが出ていれば、成功ですが、逆さにしたり振ったりした場合は尿の浸透が上手く行かずに検査出来ていない可能性があります。

また、終了サインがしっかりと出ているのに判定窓の線が見本通りに出ない場合もあります。

その場合は、採尿部に浸す尿が少なかったか、検査時期が早かったかのどちらかです。

 

終了サインが、しっかりと出ている場合、検査自体は成功しているので、少し日を空けて再検査すると判定窓に結果が出てくれる事でしょう。

その際も、妊娠検査薬は再利用せずに新しい物を使って下さいね。

 

ここまでは、通常の妊娠検査薬を使用して来ましたが妊活中の人は赤ちゃんが出来る事が楽しみで仕方ありませんよね。

ここでは、そんな方へお勧めしたいフライング検査についてご紹介します。

 

妊娠検査薬は生理予定日の1週間後を目安に使うように案内していますが、それより早いタイミングで検査する事をフライング検査と呼びます。

最近では、より早く結果が知りたい人の為に、生理予定日から1週間を待たずともほぼ正確な判定結果が出せる早期妊娠検査薬があります。

通常の検査薬がhCGホルモン50mlU/ml以上で反応するのに対して、25mlU/ml以上で反応するようになっています。

 

どうしても待てない人は、こちらを使って検査をするようにしましょう。

3週5日くらいから反応が出るため、基礎体温をつけていれば高温期が12日間以上継続した段階で検査する事が可能です。

基礎体温をつけていない場合は、いつもの月経予定日くらいで検査をしてみると良いでしょう。

 

注意点としては、陽性が出たのに、生理予定日から1週間以上経過して再検査をすると陰性が出た場合は、化学流産の可能性があります。

化学流産とは、受精卵が着床しても継続しない状態の事で、医学的には流産とは言いません。

 

早期妊娠検査薬を使用する事で、知らずに済んだはずの化学流産に気付きショックを受ける事もあります。

蒸発線が出た際は、生理予定日の1週間後に再検査を

妊娠検査薬には蒸発線と呼ばれるものが出る事があり、判定窓に薄い線が出る事を指しますが、これは尿中のhCGホルモンの量が十分が出ない時に出るようです。

 

蒸発線が出た場合には陽性反応が出たと確信せずに、月経予定日から1週間後に再度、妊娠検査薬を使用して確かめる必要があります。

次に、妊娠検査薬使用の前日の飲み物についてご説明します。

尿で判断するので、やっぱりコーヒーのようなカフェインが多く含まれた飲み物やアルコールは気になりますよね。

 

結論から言うと極論ですが、コーヒーと、お酒を飲んだ直後でも検査結果に影響はありませんが、飲み物を大量摂取して、トイレが近い状態は尿が薄くなってしまう可能性もあります。

その為、検査に必要なhCGも少なくなってしまうので、通常時に検査をする方が良いと思います。

先生の話を聞き終わって、うちの場合は採尿部に浸す尿が少なくて、採尿部に尿を当て損なったと言う事が分かりました。

 

準備が出来れば、紙コップ等に採尿して、しっかりと採尿部に浸して終了サインが出るまで、何もせずに待機すると成功に繋がったのかなと思います。

先生から聞いたのですが、5人に1人の確率で流産している現状があり、その多くは、妊娠初期での流産になる可能性があるそうです。

 

その為、陰性と分かった場合はなるべく早めに検査して、病院を受診して、流産予防の薬を服薬したりと、しっかり先生に管理して貰う事をお勧めします。

また、ごく稀に、絨毛性腫瘍といったhCG産生腫瘍を発症している場合、妊娠していないのに陽性反応が出る事があります。

 

陽性反応が出たからと言って100%妊娠している訳ではありませんので、陽性反応が出たら、早めに診察を受けるようにしましょう。

妊娠の早期発見にもなりますし、万が一病気が隠れていた時にもすぐに対応出来ます。

最後に、妊娠初期に気を付けたい事をお伝えします。

まず、妊娠初期に気を付けたい事は、何と言っても食事です。

 

①食べ過ぎに注意

体重が増え過ぎてしまうと、妊娠性高血圧症候群や妊娠糖尿病、難産のリスクなどが高まります。

つわりが落ち着いて来ると、食欲が出てくるようになると思いますが、食べ過ぎには注意しておきたい所です。

 

②つわり時期は食べられる物は何でも食べる

つわりが始まると、バランスの良い食事どころか食べる事さえ、十分に出来なくなります。

でも、この時期はまだ赤ちゃんがとても小さいので、それほど栄養の事を心配する必要はありません。

水分だけはきちんと摂り、フルーツ、お菓子、ゼリーなど、何でも良いので、食べられる物を食べたい時に食べるようにします。

 

③葉酸を積極的に摂る

葉酸はビタミンB複合体の1つで、細胞の増殖に必要なDNAの合成に関与する栄養素です。

妊娠初期は、赤ちゃんの細胞分裂が活発に行われるので、この時期に葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害(二分脊椎、無脳症)と言う先天異常を発症するリスクが高まります。

この為、妊娠を計画している女性や妊娠の可能性がある女性は、妊娠の1ヶ月以上前~妊娠3ヶ月までの間は、通常の食事からの葉酸摂取に加えて、1日400μgの「モノグルタミン酸型の葉酸」を摂取する事が推奨されています。

 

妊娠初期に避けたい食材

・クロマグロやメカジキ、キンメダイなどの大型回遊魚は、赤ちゃんの中枢神経に影響を与える可能性があるメチル水銀が比較的多く含まれている為、妊娠中の摂り過ぎは避け、週に1回の頻度で1回80gを目安としましょう。

他にも、レバーやうなぎは、動物性ビタミンA(レチノール)を過剰に摂りすぎると、奇形児が産まれるリスクが高まると推定されています。

 

妊娠中(妊娠初期)の1日のビタミンAの摂取推奨量は、18~29歳が650μg、30~49歳が700μgなので、この量を超えないように注意しましょう。

続いて食生活以外でも気を付けたい事があるので、ご紹介します。

まず、飲酒やタバコ、薬なども奇形児が産まれる可能性が高くなるので避けましょう。

 

特に妊娠初期の中で、奇形を起こすリスクがもっとも高いと考えられるのは、赤ちゃんにとって重要な器官がつくられる妊娠4~7週までの期間。

この時期には、妊娠にまだ気付いていない事が多いので、特に注意が必要です。

 

普段から服用している薬がある際は、なるべく早めに掛かり付けの医師に妊娠している事を相談し、赤ちゃんに影響しない薬に変えて貰う等の対処をしましょう。

妊娠と気付かずに服用した際も、医師に相談する事をお勧めします。

 

また、妊娠初期には、子宮が大きくなるに連れて、それを支える靭帯が引っ張られたりする為、下腹部や脚のつけ根に痛みを感じる事があります。

しかし、痛みがどんどん強くなったり、強い痛みが継続したり、出血をともなうような場合は、流産や切迫流産、子宮外妊娠が疑われる為注意しましょう。

 

妊娠検査薬に失敗してしまったけど、毎月遅れる事なく来てた生理がこないって事は、妊娠しとるやろうと、病院に行って妊娠が確定。

しかも二卵性の双子ちゃんの妊娠でした…