こんにちは。5か月直前の女の子を育児中の新米ママです。

今回は、どんなママも苦労する寝かしつけについてです!

 

ずーっと抱っこしていたのに、ベッドに置いた途端、起きてしまう…

抱っこのし過ぎで腕や腰が痛い…

結局ベッドに置くことを諦めて、座った状態でもずっと抱っこ…

 

なーんて事が日常茶飯事のママも少なくないと思います。

そこで!少しでもこの記事が寝かしつけの参考になれば幸いです♪

 

私はいつも娘を縦抱っこで寝かしつけています。(因みに夫は横抱っこ)

でも抱っこの前にやっておくことがありますよ!

まずは「子供が寝る場所を整える」

抱っこしていて、よし寝たなと思い、ベッドや布団に置こうとしたら

毛布がぐちゃぐちゃ、おもちゃが散乱

そのおもちゃが音が出るものだったら更に危険!

置いた時に音が鳴って起きてしまうかも…

なので、まずは寝床をきちんとしましょう。

ここでポイント☆

寝かせたときに、毛布をすぐ手の届くところに置いておいてください。

 

次です

抱っこの前に、自分のコンディションは大丈夫ですか?

トイレに行きたくはありませんか?

長時間抱っこしていると熱くなって汗をかいたりするので

タオルを近くに置いておいたり、着ていた上着を脱ぐなど

自分のコンディションも整えましょう!

 

さぁそろそろ抱っこ!

泣いている子供をちょっと放置しての準備は

ちょっと心苦しかったかもしれませんが

大事なことなので、ちょっと泣かせて(疲れさせて)おきましょう(笑)

もしおしゃぶりをしながら寝る子なら、おしゃぶりも忘れずに準備を!

 

縦抱っこをした時、すぐ泣き止んでくれたなら、

そのまま抱っこしていれば寝るかもしれませんが

泣き続けている場合は、「大きく揺れてみましょう」

まるでスクワットをするかの様に、大きく縦揺れをしましょう。

そうすると、何故か泣き声は収まり、お目目がとろんとしてきます。

親はきついかもしれませんが、大きく泣いているときだけやれば大丈夫。

泣き声が治まったら、普通の小刻みな揺れに移行しましょう。

 

縦抱っこで一番困る部分は、子供の顔が見えにくい事ですが

目をつむったかどうか分からなくても

抱っこしている最中、自分の胸に、子供の頭が自然とくっついた

ほとんどが眠っています。

それが確認できたら、今度はその頭も支えて揺れてあげましょう

 

次に注意する部分は、子供の呼吸

気持ちよく寝ている場合は、呼吸が静かで一定です。

まだフーフーと荒い様なら、目をつむっていて、頭が胸についていても

目を閉じただけの可能性が高いので、呼吸が静かになるまで揺れてあげましょう。

 

呼吸は静かになりましたか?

そうしたら、ベッドの場合はベッドの前

布団の場合は布団に寝かせる向きのところまで行き、膝立ちになりましょう。

布団の方はこの移動で起きなければもう一歩!

今まで縦揺れ、横揺れだったのを今度は前後揺れにします。

子供の頭を支えつつ、寝かせる態勢に近づけた感じに揺れましょう

 

始めは少し傾けるくらいで小刻みに揺れ

どんどん前に揺れるときの角度を大きくしていきましょう。

そうすると、どんどん布団に寝たときと近い態勢に子供はなっていきます。

 

もう一度呼吸も確認し、ついに布団へ寝かせてみましょう!

ゆ~~~っくり

しずか~~に置きます

ここで泣いてしまうお子さんも少なくないと思いますが

もう一回抱っこし直す前に、ちょっと待った!

泣いている子供の目は開いていますか?閉じていますか?

閉じているなら、抱っこし直さなくても、まだ寝る可能性があります!

 

すぐに毛布を子供にかけ、子供を包むように両脇にきゅっと毛布を入れましょう!

そしてすぐに両手を子供の胸へ置いてください!

少し押すようにすると良いですよ

それで子供がどんどん落ち着いてくれば大丈夫!

あとはまた呼吸を聞いて、落ち着いてきたら

ゆっくりと手を浮かせて離すだけ。

 

この毛布できゅっとしたあと手を置く方法

本当に良く寝てくれます。

私はいつもこの方法で寝かしつけています。

 

もし手を置いても落ち着かず泣いてしまっているようだったら

もう一度少し抱っこしてあげましょう。

前後揺れのところからで大丈夫です。

深い眠りになるまで、少しだっこして、もう一度チャレンジしましょう!

 

手順をまとめると

①抱っこ前の準備!子供の寝床の整理。毛布は手の届くところへ!

②抱っこ前の準備!自分のコンディションを整えて!

③大きい声で泣いているときは大きくスクワットするように縦揺れを!

④声が治まったら小刻みに縦揺れや横揺れを。

⑤子供の頭が自分の胸にぺたっとなるのを確認

⑥子供の呼吸が静かに一定になるのを聞こう

⑦呼吸が整ったら、寝床の前に移動

⑧寝かせる態勢に近づける為、前後揺れをする

⑨前後揺れの前への揺れ角度を大きくする

⑩もう一度呼吸を確認し、布団へゆっくり置く

⑪置いて泣いても目が開いていなければまだ寝る可能性が!すぐに毛布を子供を包むように被せて!

⑫手を子供の胸の上に置きましょう!少し押すようにすると〇

⑬泣き声がおさまり眠ればOK!泣いてしまっていたら、⑨あたりからもう一度やってみましょう

 

いかがでしょうか

もしかしたら、寝かしつける方法はそのご家庭や子供によって違うかもしれませんが

要は、どれだけ寝た時と同じ態勢にできるか です

胸の上に手を置くのは、縦抱っこの時はずっと子供の体とママの体がくっついているから。

それを再現する為に手を置くと、安心して眠ってくれますよ。

寝かしつけがどうしてもうまくいかないと嘆いているママさん

良ければ試してみてくださいね