こんにちは。

本日は、今何かと教育現場で話題になっているAO入試について紹介したいと思います。

 

【AO入試とは?】

まず、AOとは何の略でしょうか? AOとは(Admission Offices)入試のことです。アドミッション・オフィスとはなんだ?と思う方々もいらっしゃるでしょうが、簡単に言うと「大学における募集や入試などの一連の業務を行う事務局」という意味です。

つまり、大学が本当に欲しい人材を大学の事務局が直接選抜する入試です。一般入試と何が違うのかというと「学科試験」が多くの場合免除されているということです。高校時代の内申点や持っている資格、実績などによって、ある程度の受験者の学力を判断しますので、AO受験のやる対策は、「勉強」ではないのです。その人の大学へ入りたいという強いやる気と実力(よく人間力という言われ方をされたりしますが…。)をどうやってアピールするかが大きなカギになってきます。

実力至上主義的なこの受験システムは、1990年代にアメリカの大学入試方法に倣った形で、慶應義塾大学で初めて導入されて以来現在ではほとんどの私立大学(国公立大学も一部導入)が取り入れています。さすが、アメリカの入試って感じがしますよね。その人の持っている力を大学が「この人欲しい!」と思えば合格!ということですからね。

 

【AO入試で何をするの?】

一般の学科試験は、ほとんどの場合行われません。(あっても、国語という題目で小論文を書かせるくらいです)

代わりに… 「グループディスカッション」「エッセイ・レポート」「面接」を行って合否を判断します。(本当に就活みたいです)

「グループディスカッション」

与えられたテーマについて、受験生数名のグループでディスカッションを行います。ただディスカッションを行うだけでなく、解決策や代替案を考えたり、問題点を列挙するなど様々なタスクの種類があります。この際、大学教授や面接官は受験者の意見の内容やグループ内での役割などをみて「知識」や「思考力」「リーダーシップ」「協調性」などを判断します。

「エッセイ・レポート」

出願時に、基本的にどの大学でも志望理由書を書くことになります。志望理由書とは別にテーマに沿ったエッセイを事前に書かせたりするなんてこともあります。いかに有効に、決められた字数の中で自分の研究内容や志望理由を伝えられるかがカギになってきます。また、当日に小論文を書くということはよくあります。日本語で書くところもありますが、英語で書く場合もあります。ここでも、受験者の「文章力」「論理力」「知識」などを評価することになります。

「面接」

大人の皆さまは一度でも、企業の面接を受けたことがあるのではないでしょうか?あれをイメージしていただいて結構です。数名の教授の前に座って志望理由や研究テーマの説明などを話した後、受験者へツッコむように質問をしてきます。この時に、受験者の「勉学への適正」「やる気」「知識」「アピール力」などをみます。これが一番の難関とされ、面接で泣かされるくらいに論破される受験者も非常に多いです。

 

【AO対策】

最近では、AO入試の普及に伴ってその対策をしてくれる塾が増え始めました。大手有名塾でも最近はAO対策をしてくれる講座があるそうです。あとは、AO入試に強い学校とかであると独自のメソッドで指導をしてくれます。志望理由書の書き方や面接のポイントなどAO入試にも外してはいけないポイントがたくさんあるので、優秀な指導者ほど大事なポイントを熟知しています。

近年の急激なAO入試の普及に指導者の数が追い付かないということもあり、一定の優秀な指導者が多くの生徒を合格に導いているという現状もあります。

 

【AO入試の悲しい現実?】

AO入試は、その普及に伴って認知度が高くなってきたということもありAOを通じて大学に進学する人が年々増加しています。しかし、受験といえば「テスト」というイメージも非常に色濃く残っている現状もありますのでどうしても「批判」される傾向にあります。「楽して合格した。」や「勉強もできない。」などという批判をネット上では非常に多く見かけます。事実、AO入試で合格した約16%の人が退学をしているという現状があります。

AO入試の試験内容の質の向上などの課題に残っていますが、筆者自身は「これからの時代に合った入試方法」だと思います。人生100年時代が到来してさらにAIがこの時代の雇用形態を変えているのも事実。この激動の時代に、今更「勉強だけ」をして幸せになれる時代が終わりを告げているのも若いながら痛感していることなのです。成果主義や結果主義といわれるように、年功序列という日本の経済成功型モデルはもはや限界を迎えてきます。自分で考えて、行動する。そして、課題の達成のために他人と協力することで解決へ導くという力がますます求められてきます。

おそらく、社会人の皆様は勉強だけできる人も仕事では全くつかえない人だなと思ったことがたくさんあるのではないでしょうか?筆者はよく、社会人の方々と協働でイベントや会議をする機会があるのですが、彼らが口をそろえて言うのは「座学だけで役に立たない。」ということ。「学歴」だけでなく「スキル」を重視して採用する企業(特にベンチャーなど)も増加してきました。だからこそ、もっと生徒の潜在的な従来の紙のテストの点だけでは測れない「非認知スキル」を評価する大学入試があってもいいんじゃないかと思うわけです。「知識」は持っているだけでは何の役にも立ちません。どう使うかが本当に重要だとよく教わっています。

 

この記事を見て、少しでもAO入試についての理解を深めてくだされば幸いです。筆者も事実、このAO入試で某九州にある大学に受かり様々なチャンスを頂いています。少しでもこの時代の自分自身の人生を幸福に生きる選択肢の一つとして、「AO入試」が社会に認めてもらえればいいなと思います。

最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございました。