こんにちは。五か月になる子供を育児中の新米ママです。

今回は私も実践したことのある糖質制限ダイエットについて

体験記を書いていきたいと思います。

最初に注意ですが、これは「私はこれだけ痩せたよ!」という明るい記事ではありません。

むしろテレビや雑誌での「こんなに簡単♪」というものに

待ったをかけるものです。

これからダイエットしようと考えている方に向けて

軽い気持ちでやってみるのではなく、少しの覚悟を持って痩せられるように。

 

 

最近、本当に流行りの糖質制限ダイエット。

長期ではなくても、少し糖質を気にしてダイエットしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、糖質とは「糖」と付きますが、甘いもの=糖 が全てではないのです。

何なのかを簡単にご説明すると、いわゆるお米などの炭水化物。

その中に、食材によって含まれるでんぷん質。

これが大きく言えば、糖質という事になります。

糖質制限とは、それらの摂取を控えて、体重を落そうという事です。

 

しかし現代社会には本当に糖質の入ったものばかりで

かなりの食べ物を我慢することになります。

テレビや雑誌では良く、「無理をしなくて良いダイエット」と言われていますが

実践したことのある私としましては、そんな事はやはりないのです。

 

糖質の高いもの、そもそも何を食べられなくなるのかというと

全ては書ききれませんが、こういったものになります。

・お米、パン、麺、トウモロコシ類の穀物

・お菓子、チョコレートやポテトチップスなど

・じゃがいも、かぼちゃ、サツマイモなどのイモ類

・大根、にんじん、ごぼう、れんこんなどの根菜類

・糖の高い果物類

これだけ見ると、かなりの食べ物を我慢しなければなりませんよね。

お料理をされる方は、かなりの献立を制限されます。

簡単にちょっと食べられる、卵かけご飯さえダメなんです。

 

勿論、食べてよいものもあります。

それがこのダイエットにおいて救いになる方は多いと思います。

・お肉、お魚、卵等のたんぱく質

・葉物野菜

・チーズ、バターなどの乳脂類

・豆腐、納豆などの大豆食品

・ナッツなどの豆類

など、まだ食べられるものはありますが、

食べられないものと比べると、かなり少なく感じますよね…

 

私の経験上、このダイエットは、甘いお菓子やお芋、パンご飯よりも

葉物野菜やチーズ、お肉が好き!という方は続けられるかと思いますが

そうではない方がやろうとすると、かなり頑張らないといけないことになると思います。

 

コンビニでもスーパーでも、糖質を気にしてのお買い物は

少しさみしいお買い物になりますよ…

 

しかし「制限」ですから。

全く食べたらいけないわけではないです。

でも、食べた後にくる罪悪感は半端ないですよね。

今まで痩せた分が、お茶碗一杯のお米でなしになった気分にさえなります…

 

このダイエットは、運動しなくても痩せる!といったような見出しが多いですが

そんなことないです…!

騙されないで!

ダイエットはやはり簡単ではない!

でも我慢して出来たときにこそ、達成感はある…と私は思います。

(達成感を少し得て終わってしまった私では説得力に欠けますが)

 

体型や体重に悩む皆さん…お互い頑張っていきましょう