現在のNHK朝の連続テレビ小説が「まんぷく」と言うがこのドラマのモデルになっているが安藤百福夫妻を描かれています。

このドラマで出てくるのがあの食品なのがこれが開発されたのがこの商品でしょう。

キチンラーメンと言いますがこの人がこのラーメンを開発して実在に売られたと言うがこのドラマでは発明が丹治ようするまで描かれています。

試行錯誤の末で生まれた商品ですぐに食べられると言う事で便利さになった商品でしたが実は最初は袋入りで売られていたらしいですね。

これがきっきけで即席めんを開発製造まで増えたと言うがトラブルなどあった事で大変だったと思っているでしょうね。

こうした時代の流れなのか最近は袋入りインスタントラーメンが売れなくなっていると言うが時間が長いのか面倒くさいと思ったかも知れないと感じるかも知れないですよね。

そんな中で今はこれが人気あるがこのタイプだと思われいるのかこのタイプだったである。

カップ麵と言いますがこれだとお湯を入れるだけであっという間に出来上がるので便利だと思っている人が多いらしいのでしょうね。

これでも時間が3分ですぐに完成はしますが袋入りだと何かが面倒なのか敬遠する人が多いと感じられているが特に若者が離れてしまう人がのです。

スーバーなどに袋入りがパックになって売られていまして保存も出来る様になっているがこれでも調理しないのでカップ麺に偏る事もあるでしょう。

時間がない人にはこの様なカップ麺に頼りになるので買ってしまうのでどうなるのか気になる所もあるいるので感じられているでしょうね。

こうした発明から誕生して今の食生活には欠かせない食品だが袋入りが売れないのは時間がない人には対応が難しいと感じてしまいます。

袋入りも改革が必要だと思っているのです。