今の時期の定番としているのが「スキー」とでしょうね。

スキー場は昔は行く人が多くてよくこの時期になるとスキー場まで行っていた人もいたと思われていましたが長野方面まで夜行バスや寝台列車など乗っていった人もいたのですよね。

プライベートで行った人もいますが修学旅行でスキーをした生徒もいまして楽しんだ生徒さんもいたと言うが時代の流れなのか最近は変ったと思っています。

スキー場にはスノーボードで来る人が多くなってスキーをしない人が多くなったと感じている一方でこの人たちが見かけるようになったのが外国人らしいです。

有名なスキー場の周辺に今の時期には住み込みで働ている人が多い事で注目もしているので違う視点となっているので目立つようになったと感じられているでしょうね。

こうした外国人の中には南国からオーストラリアから来日している人もいますが春節祭を利用して日本に旅行してきた中国人もスキー場に行く人が多かったと思われているかも知れないと感じているらしい。

実は中国は2022年に北京で冬季オリンピックが行われる事が決まっているのでこうしたスキーなどウインタースポーツに慣れておこうと日本まで来日して体験をしているのです。

スキーのインストラクターの指導でしているが中国語でしているので大変だと思っているがコツがわかれば滑られるようになるでしょうね。

でも、ハプニングもあるので苦戦はしていると感じられていますがこれでも体験は出来るので面白いでしょう。

間もなくですがウインタースポーツも終わりとなってきましてこれから本格的なシーズンに入るので楽しみも増えるか知れないのです。