入試のシーズンも終盤となりましたが終わった人は「ホッ」としている人が多いでしょうね。

入学祝いに購入しているのが「スマートフォン」とらしいですが、決めていた人も多く最近は学割もあるので購入する人もいる事だと思われています。

しかし、最近は中学生や小学生までスマートフォンを持つようになって塾など利用している子供たちがいますが、実は学校に持参は禁止をしています。

所が文部省など今後は持参を認める事が分かったと言うが、その背景には昨年の6月に発生した大阪北部で起きた地震で登校中の女子児童がブロック塀が倒れた事で判断をあると思われている。

また、不審者の誘拐などこうした事態や公衆電話も掛けられない子もいる事でこの様な事が認められます。

しかし、スマートフォンを利用する時にルール作りをする必要性もあると感じられているのはSNSなどを利用したいじめなどこうした事をする子供いるのでないのかと感じられているでしょう。

認められていも「いじめ」をしている事を見逃しているかも知れないと感じられていますが認められていてもまずはみんなで考えてから利用してもらうのが効果的でもあるでしょうね。

こうしたトラブルも中学校になるとエスカレートも酷くのでちゃんとした所で親と交えて考えてほしいと思うがこれでも難しいかも知れないのです。

認められていてもこうした「いじめ」に広がるのはどうしたらいいのか解禁になる前に今一度考えて欲しいのは私だけではないのかと気になってしまうでしょう。

これからだと思っている対策だけではなく約束は作って欲しいのです。