こんにちは。

最近日本でも英語の必要性が高まってきましたね。訪日外国人の数も年々増えているとニュースでも報道されていますよね。

学校教育の現場でも小学校に英語の授業が本格的に導入されたりと、日本の教育もグローバル化していく社会に追いつこうとしています。

でも、「英語をやろうにも、どうやったらよいの?」「子供に始めさせるきっかけは?」など英語の勉強の必要性は感じているけどその方法や、動機付けができないで悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

そんなあなたに、私は「英検」をおすすめしたいと思います!!

 

-なぜ「英検」が英語をはじめるきっかけに?-

これは筆者が「英検」を通じて英語を始めるきっかけになったからです。英検は、1級~5級までを受験することができ、だれでも受験資格があるテストです。だから、小さい子から年配の方まで幅広く受験をすることができます。実際、作者は初めて英検を受験したのが小学校6年生です。英検の4級を当時初めて受験しました。

英検は「合格」「不合格」のどちらかの結果を、学習のアドバイスとともにもらいます。ですので、自分の英語力を測って伸ばすのにはとても最適なテストです。当時、私は英会話の習い事をしていたのですが、自分の英語力を測ってみたいと思い英検の勉強を通して英語を本格的に学習しようと決めました。客観的な指標がないとどうしても人間って、モチベーションが上がらないものなんですよね。

また、英検はレベルに合わせて受験することが可能ですので合格したら次の級というように、数字で目標をイメージしやすくなっています。

 

-学習のしやすさー

日本で受けられる英語資格の試験で一番対策をしやすいのが、「英検」です。なぜならば、参考書の豊富さ!!様々な出版社が、分野別や模擬問題など独自の英語学習用の参考書を出しているので、情報量や対策には全く困りません。また、英検は4技能(読む・書く・聞く・話す)を測るので、バランスよくレベルに合わせて自分の力を上げられるのが大きな特徴です。

日本で一番受験者が多い資格試験なので、インターネットでも様々な対策方法が紹介されています。過去の受験者の勉強方法がたくさん書いてあるので、自分に合った学習方法を見つけることもできます。

また、お子様がいらっしゃる家庭では親子で同じ級を受験して勉強するなど「一緒に」勉強すると自分とお子様の英語力向上を目指すこともできるかと思います。ご夫婦で受験されてもよいですね。

 

-認知度・汎用性の高さ-

英検と聞いて正直、だれもが一度は聞いたことがあるのではないかと思います。だからこそ、英検1級とか聞くと「この人英語がすごくできるのか。」と納得することができますね。そう!社会で広く認められているテストであるが故に、実力の証明として大きな力を持っています。

最近では会社の昇進試験や、就職試験などにも使われることがあります。学校教育の場でしたら、最近はやっているAO入試や推薦試験などの受験資格や、実力照明の資料としても使われることが多いです。一般入試でも「みなし満点」や「試験免除」などの特別措置をとっている大学も数多くあります。また、センター入試が2021年から変わるということで英語の試験がすべて民間試験を活用することになったので、この試験の需要はますます高くなることが予想されます。

 

いかがだったでしょうか?英検と聞くと英語を勉強している人のためのテストだとう印象を多くもたれるかと思いますが、学習の方法や活用方法などを考えると、英語学習初心者にも門が開いているテストなのです。筆者も気づいたらもう1級の2次試験を受けるところまで、英語の力を上げることができました。

この機会にぜひ一度、英検のhpなどで検索をして英語を始めるきっかけにしてほしいなと考えています。

 

最後までお読みくださりありがとうございました!