こんにちは!五か月になる子供を育児中の新米ママです。

今回は、妊娠検査薬の値段の違いについて書いていきたいと思います。

まずは基本から…

 

妊娠検査薬ってなに?

妊娠検査薬とは、名前の通りですが、妊娠しているかどうか

陰性か陽性かを見分けるためのものです。

一般的なものは、検査シート(紙)の部分に尿をかけ

それをシートが吸うと、結果の表示が現れます。

結果表示部分に縦線が現れれば陽性!

何もでなければ陰性です。

 

ではここから本題の、値段での違いについてお話します。

 

値段が違うと どう違うの?

薬局やドラッグストアに売っている妊娠検査薬ですが

並んで数種類売っていることがありますよね。

どれを選んでいいのか?ただ検査できる回数が多いから

値段が高いのかと思えば、そうでもないものも。

一番に疑うのは、検査結果の信用性が高いか低いか だと思いますが

実は、そこに違いはありません。

検査シートの質の違いはほとんどないのです。

どれを使っても、正しく使えれば普通に検査結果は出ます。

 

では、なぜ値段が違うのか?

それは、オプションの違いです。

どういったところで違いが出るのか、箇条書きにしてみました。

 

●尿をかけるとき、はねにくい

●尿をかける時間、浸す時間が短い

●検査結果が出るのが早い

●検査結果がでたあと長時間残る(仕事から返ってきた夫に見せることができる)

●持ち手に滑り止めがついていて、持ちやすい

●生理予定日から使える

●デジタルタイプ。液晶で検査結果が確認できる

 

このように、それぞれオプションが違い、値段がかわってくるということです。

なので検査薬自体の質の違いは、ほぼありません。

デジタルタイプのものは、結果が分かりやすく表示されるので

中途半端に薄く線が出た…ということがなく、間違いが少ないようです。

 

購入時に迷ったら、どういったものが使いやすそうか

自分のニーズに合っているかを確認してから購入してみてくださいね。

 

もし市販の検査薬はうまく出来るか自信がないという方は

婦人科クリニックで検査してもらうのが一番間違いがないですよ。

でも、保険がきかないので、一回五千円近くかかってしまうことがあります。

 

どちらが良いか、そこも考えて選んでみると良いですね。

嬉しい結果を大好きな方に報告できることを願っています♪