現在では、産婦人科ではなく

妊娠検査薬を使って自分で妊娠を知ることができます。

 

妊娠を待ち望んでいる女性にとっては

妊娠検査薬は、必要不可欠なものですよね。

 

だけど、

どうして妊娠検査薬で妊娠がわかるのでしょう。

 

その理由がわかれば、

もっと妊娠検査薬のことを信頼することができますよね。

 

 

妊娠検査薬は

受精卵が着床し、胎盤のもとになる絨毛がつくられ始めると、

そこから分泌されるヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)を

感知する仕組みになっているそうです。

 

※絨毛とは、体内の赤ちゃんを守ったり、妊娠に必要なホルモンを

分泌する大切な細胞です。

 

このhCGは、受精卵が着床して3~4日くらいで尿に出始めるのだそうです。

始めは少量ですが、すぐに急増していきます。

一般的に市販されている妊娠検査薬の多くは、尿中のhCGの量が、

50IU/Lを超えると反応するようにできているそうです。

だから、生理日予定日より1週間後に検査すると確実と、いうことになるんですね。

 

妊娠すると

胎盤内の絨毛ができる

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が分泌される

hCGが尿の中に流れ込む

尿を検査するとそのhCGが含まれている

妊娠していることがわかる

 

 

わかっていただけましたでしょうか?

 

やはり、妊娠検査薬の検査って正しいようですね。

 

しかし、

 

陽性反応が出たからと言って100パーセント妊娠と、

言うわけではないようですので、

産婦人科でしっかりと検査してもらってくださいね。

陽性が出たからといって、妊娠以外の可能性や異常がある場合もあるそうです。