妊活中の女性が一番気になるのは、

当然のことながら

妊娠しているかどうかですよね。

その時に必要になる妊娠検査薬。

 

妊娠検査薬の使い方は、とても簡単です。

しかし、正しく使わないと正確な判定はできません。

 

 

妊娠検査薬を失敗しないように、気をつけることをまとめてみました。

 

1:実施するタイミングが早すぎる

妊娠すると体内で分泌されるhCGホルモンは、

個人差があり、4週をすぎても十分に分泌されない人もいます。

人によってはすぐに反応が出たというケースも多々みられますが、

正確性に欠けてしまうので、検査時期は守るようにした方がよいみたいです。

 

2:キャップをはめて、水平な場所に置くようにする。

逆さにしたり、振ったりしないようにしなければいけません。

 

3:検査薬に尿をかけすぎない

尿をかける時間は2~3秒程度のものがほとんどです。

尿の量が多すぎても、尿の量が少なすぎても、

確認窓(終了窓)に線が出ない時があります

 

 

※検査方法には「尿をかける」「尿に浸す」の2つの方法があります。

尿をかける検査方法は手軽です。

しかし、

尿をかける検査方法は、

尿が判定窓にかかったり、尿をかける時間を間違えたり、

きちんととかけにくい、と、失敗することも多いです。

 

尿に浸す検査方法

「尿をコップに入れて浸す」ので手間がかかりますが、

尿の量を気にする必要がないので、失敗は少ないです。

特に自宅で妊娠検査薬を使う人は、尿に浸す方法がおすすめです。

 

 

妊娠検査薬を使用する時の大切なルールです。

 

説明書をしっかり読んで、説明書通りに実施すること

陽性反応が出たときは、産婦人科で受診すること。

陰性でも生理が始まらないときには、産婦人科を受診すること。