昨日は世界が注目をする映画祭でもある「アカデミー賞」の授賞式が行われまして注目がされたかも知れないでしょうね。

今年はノミネート作品がロングランとなっている「ボヘミアンラプソディー」やレディー・ガガ主演の映画でもある「アディスター誕生」などこうした作品がノミネートされたらしいですよね。

この2つの作品はいずれも部門で受賞をしたらしいが、この人気ある作品を押しのけて作品賞を受賞をしたのが「クリーンブック」が選ばれたがこの作品はこれから上映が始まる事になっているでしょう。

と言うの宣伝にもなってみたいと思うようになる作品となっている事でこれからだと思っているがいい作品だと思うので見たいと感じられているでもあるので注目でもあるのです。

 

今年も日本から話題作や長編アニメーション部門でノミネートされていましたがこの部門は逃しているのです。

日本では過去にはアカデミー賞を受賞をしたことがあるのですが、アニメーション部門となると難しい所もあるので壁になっているらしいでしょうね。

アメリカのアニメ技術が進んでいる所で3Dを利用したアニメ映画を製作をしている事で日本でも人気を呼んでいる事もあるがこうした場でも受賞がもらえるとはすごいと思っているのです。

ほとんどがこれから日本でも上映が始まると言う事になるが宣伝効果もあるのでみたい作品があると思うがロングランとなっている「ボヘミアンラプソディー」はそろそろ下火かも知れない。

まだ、人気があってリピーターで見に行く人もいるので止まらないと感じられているかも知れないでしょう。

受賞作品を中心とした作品が上映が始まるので楽しみだと思っているのです。