生活習慣病とは

 

毎日の生活習慣 ・過食、運動不足、喫煙、過剰飲酒などの積み重ねによって

引き起こされる病気の総称です。

 

生活習慣病は毎日の食事や、酒、たばこなど、

生活環境など日常生活の積み重ねで始まり、

加齢によって進行するといわれています。

 

生活習慣病は40歳前後から増え始め、

働き盛りの成人に蔓延(まんえん)していきます。

さらに人口の高齢化で患者数が激増し、

今後もますます増えると予想されています。

 

生活習慣病というと乱れた生活が原因であり、

個々人の責任、という感じが強くなりますが、

なかには原因が詳しく分かっておらず、

かならずしも個人の責任とはいい切れない病気も含まれているようです。

 

生活習慣病は、

生活習慣の積み重ねによって起きることが明らかになっています。

当たり前と思っている習慣を見直し、改善しないでいると、

将来取り返しのつかない事態を招きかねません。

 

生活習慣病は、生活習慣を改めることで、改善することができます。

 

 

生活習慣病が引き起こす疾患

 

生活習慣の種類 生活習慣による疾患
食事習慣 糖尿病、肥満、高脂血症(脂質異常)、腎臓病、高尿酸血症、痛風、膠原病、大腸癌、歯周病、骨粗鬆症、認知症など
運動習慣 糖尿病、肥満、高脂血症、高血圧、骨粗鬆症、など
喫煙 肺扁平上皮癌、慢性閉塞性肺疾患、慢性気管支炎、肺気腫、循環器病、歯周病など
飲酒 アルコール性肝疾患、アルコール性認知症など

 

 

上記の疾患はそれぞれの生活習慣と関係していることは多く知られていますが、

進行しないと自覚症状が現れないものが多いので、

気付いた時には、病がかなり進行していることも多々あるようです。

かなり進行してから症状が現れるために、生活習慣病の病は

サイレントキラーとも呼ばれているようです。

 

特に、癌、脳卒中、心臓病は三大生活習慣病と言われています

これらが現在の日本人の死因の約60%を占めていると言われています。

 

 

厚生労働省「生活習慣病を知ろう」

http://www.smartlife.go.jp/disease/

 

 

生活習慣病と食事の関係

 

自分好みの食事は、長期間続けてしまう傾向がありますよね。

また、自分好みの食事は偏った食事になってしまう可能性もあります。

 

脂肪製品、乳脂肪、大好きですよね。

だけど、好きなぶん、

毎回の食事での摂取量が多くなっていませんか?

 

適量を超えた食事・適量を超えた偏った食事は

肥満につながります。

食事のとり過ぎの肥満は、生活習慣病の危険因子のひとつですので、

注意することが大切です。

 

ぜひ、

自分好みの食事をバランスのよい食事に変えることを

心掛けるようにしてくださいね。

 

バランスのよい食事とは、

3代栄養である炭水化物、タンパク質、脂質のほか、

ビタミン・ミネラルなどの栄養素を適度に食事の中で補給することです。

主食、主菜、副菜の組み合わせも適切であることも大切ですね。

 

だいたいの目安でいいですから、

自分の1日のエネルギー量(カロリー)摂取量を知っておくといいですね。

1日のエネルギー量(cal)摂取量とお酒

 

  • エネルギー量の計算の仕方

 

身長(m)×身長(m)×22(BMI)=自分の標準体重(㎏)

 

自分の1日のエネルギー量(cal)=標準体重×作業の消費cal

 

作業の内容 作業の消費cal
軽い作業 通勤、買い物、家事、ほとんど座っているような仕事 25~30Kcal
中程度の作業 接客、家事など立つことの多い仕事の場合 30~35Kcal
やや重い作業 農業、漁業、建築など筋肉作業が必要な仕事の場合 35~40Kcal

 

上記の数値を参考にして、

自分の毎日のエネルギーの摂取量の計算をしてみてください。

生活習慣病の予防対策のために食事節制してみてくださいね。

 

  • お酒の理想的な摂取量

 

あなたの大好きなお酒ですが、

飲み過ぎていませんか?

 

お酒は意外とこわいんですよ。

肝障害を起こしやすくなりますし、

アルコール性脳障害(認知症)を発症しやすいともいわれています。

 

ビール大瓶     1本(533ml)

日本酒       1合 (180ml)

ウイスキー     シングル3杯 (70ml)

ブランデー     シングル3杯(70ml)

ワイン       ワイングラス3杯(180ml)

焼酎        1.5合 (90ml)

 

いかがですか?

お酒の大好きなあなたには、とても少なくて物足りないことでしょうね。

 

しかし、

自分の体のこと、大切に思うなら

実行してみてくださいね。

 

 

生活習慣病を予防するための基本は運動

 

生活習慣病の発症を予防するためには適度の運動が必要です。

下記の項目に思い当たる点がある人は、運動不足かもしれません。

 

・ほとんど歩かない仕事だ

・休日は家にいることが多いので運転はしない

・階段より必ずエスカレーターを使う

・この頃、汗をかくような運動をした記憶がない

生活習慣病を予防するための運動は有酸素運動がよいと言われています。

それでは、

その有酸素運動を行うのは何時ごろ、どれくらい行えば理想的なのでしょうか?

 

●有酸素運動を行うのは何時ごろ

食後1時間以内を避け、夏場は涼しい時間帯を選ぶ

 

●どれくらいの強さ

有酸素運動で、 脈拍は120を超えないくらい

 

●時間はどれくらい

ややゆっくり目で1回 20~30分間くらい

歩行だけだと1日6000歩くらい(年齢によって異なる)

 

●どれくらいの回数

週3回くらい (1回 15~20分以上)

 

●どんな運動

歩行、軽いジョギング・軽いサイクリング・軽い卓球、軽いバドミントン               風 な運動。

 

●強度な運動は避ける

強く歯を食いしばるような運動

強い腹圧のかかるような運動

 

 

 

まとめ

 

■生活習慣病とは

■生活習慣病が引き起こす疾患

■生活習慣病と食事の関係

1日のエネルギー量(cal)摂取量とお酒

・エネルギー量の計算の仕方

・お酒の理想的な摂取量

  • 生活習慣病を予防するための基本は運動は有酸素運動が適している
  • 有酸素運動を行うのは何時ごろ
  • どれくらいの強さ
  • 時間はどれくらい
  • どれくらいの回数
  • どんな運動
  • 強度な運動は避ける

 

 

生活習慣病は、とても怖い病気です。

長年の悪い習慣・食習慣・運動習慣などが原因となることが多いようです。

バランスの良い食事習慣・適度の運動・アルコールの摂取量を控えたり、喫煙を禁煙するように心がけてみる、などの日々の少しの修正で生活習慣病は防ぐことができます。

 

少しだけ、頑張ってみませんか?

未来の自分のために。

 

糖尿病かも?簡単セルフチェック