こんにちは、今回はボードゲーム第三弾です!

今回は小学生くらいのお子さんとも一緒に遊べるボードゲームをご紹介していきたいと思います。

 

推奨年齢8才~ 「ニムト」

カードゲームの一つです。なんとカードの主役は牛です!

カードには1~104の数字と牛のマークが書かれていて、手持ちとして配られる

10枚のカードと、場に出される4枚カードの数字を比べて

選んだカードを裏にして自分の前に出します。

そしてせーので一斉にみんなで伏せていたカードを公開し、場に出ていた4枚のカードに

数の小さい順から、場に出ていた4枚のカードに近い数字の横に置きます。

横に並べていけるのは6枚だけ。

もしその6枚目に自分がなってしまったら、その列にあるカードを全てマイナス点として

手元に置かなければいけない、というゲームです。

少し心理戦が入ったゲームで、場に出されたカードに近いものがあれば良いですが

自分よりも近い人がたくさんいた場合、自分が6枚目になってしまう可能性があり

それをどう回避していくかがポイントです。

実はこちらのゲーム、プレイ人数が2人~10人までなので、大人数でも遊べちゃいます!

子供の友達を家に呼んで一緒に遊ぶ、なんてこともできちゃうので

みんなでワイワイできると楽しいですよ!

 

 

絵心なんて必要ない!?「テレストレーション」

推奨年齢は12才~で、4人~8人まで遊ぶことができます。

こちらのゲームは大変人気が高くて、アマゾンで日本語版は完売しています。

遊び方はいたって簡単。

付属のノートをそれぞれ配り、自分のノートだと分かるように表紙に名前を書きます。

そしてそれぞれお題カードを引き、サイコロで出た目のお題カードのお題を見て絵を書きます。

そのノートを全員左隣の子に渡し、渡された子は、その絵が何の絵なのかを

文字で次のページに書きます。

そしてそのまま、また隣の子に渡し、その子はその文字で書かれたお題を見て絵を書きます。

そうして一周し、自分のノートが手元に戻ってきたら 終了です。

ちゃんとお題が伝わって、ちゃんと絵が描けていれば得点になり勝利です!

これも人数が多いほうが楽しいゲーム!

ノートはホワイトボードの様に消して書いてができる素材になっている為

何度も使えるものになっていますよ。

4人家族でも楽しく遊べるボードゲームになっています♪

 

 

推奨年齢7才~ 「Blokus」

これも有名なボードゲームの一つで、いくつか種類が出ているので

もし買う時は注意して購入してください。

ルールは、さまざまな形をした色違いのブロックがあり、それを付属のプレートに

埋めていくゲームです。

自分の色のブロックをいかにうまく置いて、陣地を広げるか

ライバルの陣地にうまく侵入してブロックを置けるか、がミソです。

このゲーム、自分のブロックを一つ置いたら、その置いたブロックの角に合わせて

次のブロックを置かないといけないシステムです。

シンプルで簡単そうに見えて、意外と陣地取りに燃えるゲームになっています。

ブロックはプラスチックで出来ているので、子供がジュース等をこぼしたりしても

洗えて再度使えるので、安心ですよ♪

 

 

推奨年齢7才~ 「ドブル」

丸い形をしている、色々な絵が描かれたカードが入っています。

それぞれには、ハートや星、恐竜や虫など、さまざまなものが描かれていますが

どのカードを見ても、絶対に別のカードと同じ絵が一つ入っています。

その特性を利用し、遊び方が5つほど入っているゲームで、

基本の遊びが、それぞれプレイヤーにカードを伏せて配り

1枚だけ場に表にして置いておきます。

配られた手札のカードをいっせーので全員で上から一枚開き

真ん中に置いてあるカードと、手札のカードと同じ絵を探し

見つかったら全員に伝わる様に発言し、真ん中のカードの上に重ねて置きます。

それを全員で繰り返し、自分の手札をいち早くなくしたプレイヤーの勝ちになります。

反射神経や注意力が試されるゲームです!

これは難しいことが一切ないので、大人も子供もすぐに遊べて楽しめるゲームですよ!

 

 

 

いかがでしたか?

長くなってしまうので、今回は4つほどのご紹介で一旦、終わりたいと思います。

まだまだ子供と遊べるボードゲームはありますので、第四弾で、ご紹介したいと思います!

ではまた!