中性脂肪と聞くと、

体についたぶよぶよ贅肉?

といった健康に悪いイメージしかありませんよね。

 

この贅肉の大部分は、中性脂肪と呼ばれる脂肪なのだそうです。

別名を「トリグリセリド」といって脂肪組織の「体脂肪」の元だと言われています。

中性脂肪の良い役割

 

しかし、中性脂肪は体にとって悪いものとばかりは言えないようです。

 

・中性脂肪は人間の体を動かすためのエネルギー源です。

このエネルギーは、通常、血液中に含まれる糖分が使われるそうですが、

それが足りなくなった時に中性脂肪がその代りの役目をします。

・寒い冬などに外気から体を守り、体温を一定に保ってくれます。

・身体に衝撃を受けた時には、クッションのような感じで、

骨や内臓などの色々な組織を守ってくれるのです。

・中性脂肪は、生命維持のために役立ってくれています。

 

 

余った中性脂肪が悪さする

エネルギーとして使い切れずに余った中性脂肪は体内に蓄えられます。

食べ物から摂取した糖質や脂質の多くがこの中性脂肪になり、

皮下脂肪や内臓脂肪へと変わるのです。

 

中性脂肪は、余った糖質を材料に肝臓で作られています。

また、アルコール摂取によっても中性脂肪の合成が促進されます。

 

中性脂肪を必要以上に体内に溜め込むのは危険です。

 

・肝臓で増えすぎれば脂肪肝につながります

・皮下組織で増えれば肥満につながります

・血液中の中性脂肪が多い状態が続くと、動脈硬化のリスクが高まる

 

エネルギーに変換されなかった中性脂肪は、

善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増加させます。

その結果、血管にコレステロールが付着したり、血液がドロドロになったりして

「脂質異常症」高脂血症とよばれる疾患になる恐れがでてきます。

 

このほか動脈硬化や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)、

肥満症による糖尿病などを発症することもあります。

 

中性脂肪の増加は外見と健康に悪い影響を及ぼすのです。

中性脂肪を減らすためには「糖質」と「脂質」のコントロールが重要となってきます。

 

 

中性脂肪とコレステロールの違い

 

中性脂肪とコレステロールを同じものではありません。

 

私も、中性脂肪とコレステロールが同じものだと思っていたこともありました。

なんとなくアバウトに同じようなイメージってありますよね。

 

中性脂肪とコレステロールは同じ脂肪の一種で、

同じものではないですが、密接な関係にあるものなんです。

 

中性脂肪が増加すると善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加します。

悪玉コレステロールの中にはレムナント(超悪玉コレストロール)があり、

このレムナントや悪玉が血管壁や血管に蓄積すると、

動脈硬化を引き起こす恐れがあります。

 

他にも「脂質異常症」の発症や、動脈硬化によって引き起こされる脳梗塞や心筋梗塞を発症する恐れがあります。

 

 

中性脂肪の正常値と異常値は?

 

正常値は、30~149㎎/dl です。

 

それより低い値だと、安全!

と、思うのは間違いです。

 

29㎎/dl以下では、低中性脂肪症と診断されます。

この場合は、肝機能の病気が発症している恐れがある可能性があるともいわれています。

 

29以下 低中性脂肪血症 低すぎると注意必要
30~149 正常 💛
155~299 軽度高中性脂肪血症 食事療法&運動療法
300~749 中等度高中性脂肪血症 食事療法&運動療法&医師の判断
750 高度高中性脂肪血症 膵炎になる可能性大

 

 

中性脂肪の症状

中性脂肪は、検査数値が高くてもこれといった自覚症状はほとんどありません。

すぐに体に悪影響が出るわけでもありません。

 

しかし、中性脂肪値が高いままで、長く放置しておくと、

血管の老化が進み、動脈硬化から心臓疾患、脳血管疾患などになる可能性が大きくなります。

 

中性脂肪が多い上に、コレステロール、高血圧、糖尿病の合併、喫煙、ストレスなどが加わると、さらに動脈硬化の危険が増大します。

 

中性脂肪を減少させよう

 

■ 中性脂肪の対策・食事療法

 

現在の食生活はカロリーと脂質が高い傾向にあり、中性脂肪値を高める恐れがあります。

それに比べて日本食は、動脈硬化疾患の予防に有効的だということがわかっています。

 

● 良質な油をとる

バターやラードは動物性脂肪に分類されます。

これは悪玉コレステロールを増やす飽和脂肪酸を多く含んでおり、

摂りすぎると中性脂肪値を高めてしまう可能性があると言われています。

 

良質な油とは

オリーブ油・亜麻仁油・エゴマ油・しそ油・コーン油・ごま油・キャノーラ油などを

中心に選びましょう。

悪玉コレステロールを減らす一価不飽和脂肪酸が含まれています。

 

● 鯖やさんま、いわしなどの青魚が最適だと言われています。

これには中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす性質があります。

 

●お米や小麦粉など炭水化物の食べ過ぎは中性脂肪の上昇につながります。

ラーメンや丼ものといった食品は炭水化物だけでなく脂質も多く含まれていますので、

食べ過ぎには注意しましょう。

 

● アルコール類を減らす

 

● 喫煙をやめる

 

● 植物繊維や抗酸化物質を摂る

穀類・野菜・海草・果物など積極的に摂取しましょう。

 

■ 中性脂肪の対策・運動療法

 

食事療法や運動療法では食生活の改善や、運動習慣を取り入れるようにしなければなりません。

ウォーキングといった軽い有酸素運動がいいようです。

一日15分〜30分程度運動を習慣づけることで中性脂肪値を減少させることができます。また筋トレといった無酸素運動も中性脂肪対策として効果的です。

運動は無理のない範囲で取り入れることが大切です。

 

 

まとめ

 

  • 中性脂肪の良い役割
  • 余った中性脂肪が悪さする
  • 中性脂肪とコレステロールの違い
  • 中性脂肪の正常値と異常値は?
  • 中性脂肪の症状
  • 中性脂肪を減少させよう

 

なんでもそうですが、

摂り過ぎはよくないということですね。

 

体内での中性脂肪は適量であれば、とても良い脂肪なのに、

それが過剰で余り過ぎれば、悪さをしてしまう。

 

とにかく太りすぎには気をつけましょう。

とにかく過度の油の取り過ぎにも注意しましょう。

 

適度の食事・適度の運動が一番ですね。