日本人女性すら落とすことも出来ないのに、言葉の通じない外国人女性を落とすなんて不可能と言っても過言ではありませんね。

・そもそも日本語しか話せない。

・外国人と何をしたらいいのか分からない。

・文化が違うから仲良くなるのなんて無理だ。

と言った疑問が湧くのは当然です。

しかし、言葉は通じなくても相手に気持ちを伝える方法はいくらでもあるのです。

今回は、外国人女性を落とす方法をご紹介します。

 

日本の文化を教える
外国人にとって、私たちが当たり前だと思っていることは初めて見ることばかりです。
見るもの全てが新鮮にしか見えていないので、何をしていても興味深い目で見てくるのです。
それは、何も知らない子供のような表情とも捉えられます。
ですから、いつも当たり前だと思っていることをどんどん教えてあげましょう。
例えば
・挨拶の仕方・箸の持ち方・日本の料理・ご飯の食べ方・字の書き方
など
こういった、もはや自分としては当たり前のことを教えてあげるだけで外国人はとても喜びます。言葉が伝わらなくてもジェスチャーや、ボディランゲージをたくさん使って相手に教えてあげましょう。

世界共通のルール
外国人も、同じ人間です。
日本人から見るとまるで顔の作りや体型まで違いますが、感じ方は世界共通でほぼ同じといってもいいでしょう。
外国人はとてもピュアな人が多く、教えたことを熱心に聞いてくれます。一度教えてあげると何度も何度も聞いてくることも多いでしょう。
そんな時は嫌な顔はせずに優しく教えてあげることであなたに対する親密度は自然と上がって行きます。言葉が通じなくても、笑顔や、声のトーン、表情などで外国人はあなたの雰囲気を察してきます。なので、普段から自分のコンディションを整えておくことは世界共通で同じことだと言えるでしょう。

分からない事をバカにしない
あなたが子供の頃に分からないことはたくさんあったはずです。それは、言葉の使い方や、物の使い方、物事の捉え方、考え方、取り組み方。それを優しく丁寧に教えてもらった経験はありませんか?
外国人は、いわば子供と同じです。
日本の事は何一つわかりません。それを絶対にバカにしないことです。
片言の日本語で話しかけて来たりしますが、「何言ってるか分からん」で済まさずキチンと聞いてあげましょう。
身振り手振りで相手に気持ちを伝えるのはとても大変かもしれませんが、そういったコミュニケーションの繰り返しが人の心を掴むのです。

異文化を褒めまくる。
世界には様々な文化があります。
外国人からしても自分の文化は当たり前だと思っています。しかし、私たちからすると、もやは非日常ですよね。見たことがない知らない世界を見て、少しでも凄い!と思ったら褒めてあげましょう。
「おぉーー!!すごいね!ビューティフル!ビューティフル!グッドグッド!!ゴッドゴッド!!おぉーーーぬぉーー!!クール!クール!クーーール!!すごいねーー!!」
くらい大袈裟でもいいです。笑
今はスマホやPCは世界共通で持っているのが当たり前ですから、地元で撮った写真などを見せてもらったら死ぬほど褒めて褒めて褒めまくりましょう。言葉などめちゃくちゃでいいのです。気持ちを伝えるのは表情や仕草のみでも構いません。とにかく「凄いね!」という気持ちをどんどん相手に伝えましょう。

知らない場所に連れて行く
言葉は通じなくても、こういったことの繰り返しが徐々に相手の心を掴んで行きます。
文化を教えたら、知らない場所に連れて行ってあげましょう。
おススメは
・神社
・商店街
・居酒屋
・ラーメン屋
・寿司屋
など、日本ならではの場所に連れて行く事をオススメします。日本に来ている外国人は日本の文化にとても興味があるのです。
どんどん知らない場所に連れて行って更に日本の文化を教えてあげましょう。
例えば、
神社であればお賽銭の投げ方、おみくじの引き方、参拝の仕方、など。
商店街であれば、メンチカツを食べたり、野良猫と遊んだり、路地裏に入ってみたり、缶ビール片手に歩いてみたり。
などなど、他にもたくさんの事を紹介できると思いますが、何から何までが初めて見る世界なので、外国人にとっては驚きの連続です。
また、外国人ならではの視点に注目してみるのも面白いと思います。不思議な所に注目していますよ。

まとめ
外国人女性を落とす方法をご紹介しました。
外国人との1番の壁は「言語の違い」です。
しかし、その壁を越えて仲良くなる方法は、今回紹介した他にもまだまだたくさんあるとは思います。
言語の違いに関わらず、人が喜ぶことは世界共通と言えるのではないでしょうか。
相手に対する思いやり、こころのこもった接し方、笑顔、リアクション、などなど
コミュニケーションは、上手いとか下手とかではなく一生懸命に伝えようとする「姿勢」が重要です。
巷に溢れているテクニックなどではなく、キチンと相手に伝える姿勢は世界共通で愛されるコツと言えるでしょう。