こんにちは。

みなさん性病についてどれぐらいの知識がありますか?名前を聞いたことがある。症状は知らない。男女の発症の違い。

近年梅毒が流行り始めているとのことですが、今回は私が感染した「クラミジア」についてお話ししていきたいと思います。

 

 

まずはどんな症状が現れるのかをまとめてみました。

 

男性の大半はクラミジア尿道炎として発症。感染者との性交渉1〜3週間後に比較的サラッとした尿道分泌物や軽い排尿痛なども起こるが菌が侵入していても全く無症状の場合もある(無症候感染)。
女性では、感染機会後1〜3週間で、帯下が多少増加する子宮頸管炎を発症。さらにその菌が卵巣や卵管の周りに癒着を起こし、子宮付属器炎や骨盤腹膜炎を発症。この場合下腹部痛が見られることもあるが、女性でも無症候感染が半数以上で見られ、知らないうちに卵管周囲の癒着を起こし、将来の子宮外妊娠や不妊症の原因となることもある。

無症候感染なんて怖いですよね、、、

 

 

私は以前不特定多数の男性と関係をもったことがあります。その時は性病に感染するなんてありえない。ちゃんと避妊してるし。ぐらいにしか思ってませんでした。性器には感染してなかったのですから。。。

 

2月末ごろ、朝起きると激しい喉の痛みに襲われ、食事もできないぐらいに腫れ上がり、鏡で見ると両側に膿が溜まっていました。インフルエンザの時期ではありますが身体のダルさや節々の痛みは全くなく、念のため病院で検査をしてもらうと陰性。熱は40℃。検査が早くて反応が出ないこともあるそうなので一応薬をもらってそのまま仕事に行きました。

 

腫れが引かず、食事もできず、全く声も出ない。痛みで寝られない日々が1週間続き、インフルエンザが陰性ということで咽喉科を受診。そこで抗生物質の薬を処方され5日ほどで腫れと膿と痛みからやっと解放されたのです。。。

この時はまだ自分が感染しているということは知りません。

 

 

関係をもった別の男性に相談をしていると、「咽頭クラミジアじゃないの?」と言われたときに初めて知りました。

 

 

喉にも感染するということ

 

 

心配になり産婦人科も受診。定期的に受診してはいるものの、性病の検査などはしたことがありません。事情をお伝えし、検査をしてもらい数日後結果を聞きに再来。性器は何も問題がないとのことでした。

 

 

ある時相談していた男性から
「いつもと違う」
という連絡がきました。
その男性の症状は精液に膿が混ざっているようで黄色っぽい。排尿時に痛み。と言っていました。病院を受診し、結果が出るまで数日、、、

診断結果は

 

 

クラミジア

でした。

その男性は関係をもったのは私だけ。
そう。私から感染していたのです。

 

連絡をもらったとき私は抗生物質のおかげで症状も治まり、呑気に生活していたのですが、突然の報告に驚きと申し訳なさとでいっぱいになりとにかく謝りました。

 

謝らなくていい。むしろ2人だけで感染が済んだからよかった。と男性が言ってくれました。理解のある男性でよかったです。

 

 

 

知らずに感染していて、見えない所で広がるのが性病の恐ろしいところ。間違った知識のまま性行為をすると身も心も誰かを傷つけることにもなる。パートナーだけではなくその先のつながりまで。。。

 

 

「自分は感染しないだろう」

この考えは間違っているということを学びました。日本では性について語ることが少ないため、誰かに相談できず自分で情報を集めて不安なまま過ごすことが多いかと思います。

感染してるおそれのある方、パートナーの為に勉強したい、という方に少しでも響けば幸いです。

 

 

何か異変を感じたら早めに受診しましょう。