先週末ぐらいから桜が開花してきましたが今年は暖冬の影響なのかいつもの時より遅いと感じられると思われていますよね。

例年なら福岡県や高知県、東京都など一番乗り候補だったが今年は長崎県が全国のトップを切って開花を発表をしましたね。

気象台が定めている標準木があって毎日ですが職員が観察をして桜の開花を見ているというのですがどこで開花宣言を出すのかここに注目が集まっていたと言う事になっているのです。

この時期にはなるとマスコミなど集まってきまして開花宣言を聴いてニュースにしようとしているがここでも難しいタイミングだと思う所だと言う事になるのなっていますよね。

実は開花宣言を出すタイミングは桜の花に関わってしまうのが実は木の枝に咲いている数だと思っているでしょうか。

枝に咲いている数が5つ以上咲いていると開花宣言を出すと言う事になるのです。

これがタイミングだと発表も聴けてニュースに繋がると言うので面白いと感じられているかも知れないでしょうね。

こうして開花発言をして一週間ぐらいなのかこれで咲いていきまして満開は一週間後になると言うが、まだ寒い時があるのですぐには満開にならないと思っているのです。

天気が桜を長持ちさせるので入学など晴れの日にこの桜が満開になると満足もあると感じられているかも知れないであるのです。

今週末から花見など楽しむ人が増えるがタイミング必要と思うのです。