女性は男性より騙されたくない真実の愛がほしいと思っている。

男性は仕事に関して邪魔をされたくない。と強く思っている。

女性と男性が運命を感じた瞬間とは・・・。

価値観が同じ時だった時、彼は自分がエリート商社マンとして働いているのにも関わらず

売れないダンサーと嘘をついていた。

彼女は自営業でホステスの仕事をしていたのに、私はバツイチで子持ちの女と地味で質素な服を着ていた。

そんな彼女らの友人たちが引き寄せた本当の真実は。

彼女の友達が事故にあってお見舞いに来ていた彼女。すっごい派手な洋服で友人の看病を続けていた。

目を覚まさない友人だったが毎日毎日お花に水を上げたり、声を掛けてあげていると目を覚ますようになった。

友人の恋人にすぐ連絡を入れると2人でやってきた。スーツばりばり着こなして商社マンって感じで「プレゼンど

うだった?」って会話をしている。

そこで、あれ、「多田さん?」って恋人ではない方が声をかけたんだった。その彼は売れないダンサーと言ってい

た彼だった。「え・・・どうして?」と戸惑う2人。「お金じゃない真実の愛が欲しかったんだ」とはにかむ。

真実の愛とゆうのは出会いは突然に。本当のことを知った瞬間本当の恋に落ちる。END

 

お互い大人の男女が恋に落ちると、旅行へ行く機会もあるし、お互いの家にお邪魔することもあると思う。

付き合ってどれくらいの時に性行為を交わす?結婚するまで絶対しないって男性もいると思う。

女性も男性からすぐやれる女って思われたくないからすぐにはNG行為。交際した男性がいた時携帯で

付き合ってどれくらいでやるんだろうって調べて、実践していたことがあるんだけど。

残念ながら男性は風俗へ行ってお金を払って好きでもない女と寝たりできるじゃん。

けど彼女は本当に好きな人とやりたいって願いがあって、心の準備もあるし、欲望の為にされたくないのね。

だから嫌な時は嫌って言うし、今日は女の子の日だからできないって断る時もある。

お互いが愛し合って納得しないとやらない行為だと思うんだけど、中学生や高校生でも性教育があったように、

二人が身体を重ねるってことは妊娠する可能性もあるよね。結婚して子供産むのが本来正しい道筋だと思うんだけ

ど、二人が身体を重ねる時気を付けていることある?

 

私は雰囲気が一番好きで部屋に2人だけの空間で見つめあっている時が本当にきゅんってくる。

必ずNGなのは、一緒にお風呂に入ることは嫌で、近すぎると、新鮮間がなくなってくる感じがして、

マンネリ化するのが好きじゃないんだよね。

いつも新鮮な二人でお互い思いあって行きたいし、大切にされたいって思う。

男性の方も彼女と愛し合う時はすごい緊張すると思うし、自分の性癖を欲望に満ちてできないと思う。

ネットでこうするといいよって書いているのはスローセックス。

私も試したことがあるんだけど、これは以前付き合ってた彼がそれをやってくれて、「携帯で調べた?」って

聞いたら「え・・・何でわかるの?」みたいな感じだったので意外にみんな試しているんだなって思う。

愛する行為をやっていると最初は1時間~2時間かかっていたのに30分で終わったなって思う時があったんで

す。

お互い疲れている時は気を使って身体を休めるのも必要だったんですが短くなっている時に愛が足りなくなったん

だな~。冷めたのかなって思った瞬間でもありました。

どんなに好きでも毎日を共にするのって本当に大変で、趣味を見つけないとうつ病になってしまったりして

しまいますよね。そんな時セックスもうつ病に効果的みたいで、身体を使うってことは脳にもいいみたいです。END

 

30代音楽家の彼なんだけど、世間に人気になりすぎて自分の身を隠している彼、

そんな彼には素敵な歌手の彼女がいて、その彼女は香水がきつくて分かりやすくて、

他のプロデューサーとも寝たりを繰り返して、人気の音楽家の彼は音楽が嫌いになっていた。

そんな時海沿いで鼻歌を歌っていると、野菜を持った女の子が野菜を身近で落とす。

そして、その野菜を拾った瞬間彼はこう言った「一目惚れって信じます?」と。

彼女は驚いた顔をして言った。「信じます。」と。彼女は音楽が大好きで彼の鼻歌を一目惚れに

感じていたんです。彼の過去や苦しみを変えてくれたのが彼女だった。

彼女が歌う声、彼女が歌う表情すべてが彼の宝物になっていた。音楽作るのを辞めていた彼は、

彼女と出会って書くのが楽しくなって、良いモノを作るようになっていた。

だけど音楽業界は人の奪い合いで、良いモノを提供するように、人もビジネスに扱われていた。

そんな天才音楽家は選択をしなきゃいけなかった。

自分の曲を変えてくれた彼女に歌ってもらうか、歌手と付き合っていた彼女と別れるか。

そして、彼は、二人ともにさよならを告げたんだが、彼に失うものはあったんだけど、

歌を愛するようになっていたんです。END

恋愛ブログって自分が恋をしていなくても、過去の実体験や、ネットやYOUTUBEを見て