皆さんは、小銭貯金ってやっていますか?

1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉など、100円ショップなどで売っている貯金箱を使って貯めている人もいれば、飴やコーヒーが入っていた空き瓶や空き缶を貯金箱代わりに貯めている人もいるでしょうね。

かくいう私も後者の方でして、私はコーヒーの空き瓶を使って毎日チャリーン、チャリーンと貯めておりました。

今回は、そんな小銭貯金の方法や私がやっていた「お!これは結構貯まる!」と思った方法もご紹介します!

小銭貯金の方法いろいろ

小銭貯金をする方法は、結構たくさんあるんですよね?

例えば・・・

・消費税の関係で溜まりやすい1円玉、5円玉、10円玉だけを貯金する名付けて「消費税貯金」。

・カレンダーの数字通りのお金を貯金する「日付貯金」。

・欲しいと思った物を買ったつもりで貯金する「つもり貯金」。

・買い物をした時にお釣りに500円玉が入っていたら貯金する「500円玉貯金」。

などなど。

私もこれは一通り全部やりました。

・一番最初の「消費税貯金」(私が勝手に名付けました)は、世の中で初めて3%の消費税が始まった時代にやりました。

・2番目の「日付貯金」は、別にカレンダーの日付通りじゃなくても単に365日を1から365まで書いた表を作って、1日1回その日貯金する数字を選んで貯金して、その数字に赤丸付けたりシール貼ったりするものです。「365日貯金」ともいいますね。

・3番目は、例えば自販機でジュース欲しいと思っても買わずに、ジュース代130円だったら家に帰って130円貯金するって方法です。でもこれは、小銭貯まらずストレス溜まるんで辞めました(笑)

・最後の500円玉貯金は、最初は普通に買い物して貰ったお釣りの中に500円玉があれば貯金するだけだったんですけど、やってる内に欲が出てきて、意図的にお釣りが500円になるように支払ったりするようになるんですよね。

例えば1,698円の買い物をしたら支払いは、2,198円支払います。お釣りは、500円ですよね?

まあこれは、レジで自分の後ろに長蛇の列になってるような時はやりません。98円とかチマチマ出してると待たせてしまうので、気が焦るしこういう時は、普通に2,000円とか出して支払っちゃったりしますが、可能であれば2,200円出してお釣り502円貰います(笑)2円という付加価値が発生しますが(;^_^A

しかし、これが分からないレジ係の人がたまにいて、2,200円出すと2,000円だけ取って200円返しやがる人がいるんですよね?

それで、「あ!500円玉が欲しいんで!」って言って無理やり200円受け取って貰ったりします(笑)

でもバカにされるんで、あんまりやらない方が良いでしょう(;^_^A勇気がある人はやってみてください。それにこれは、あんまりお得な方法ではないような気がします。だって、500円欲しさに出さなくてもいい金額まで出してる訳ですからね。なんか分かりませんが、あんまり賢いやり方じゃないような気がするのは私だけでしょうか?

小銭貯金は目標を決めよう

やみくもに小銭を貯めても、意外と貯まらないのが小銭貯金。

途中で使ってしまったり、面倒になって辞めてしまったり(私です💦)、急な出費があって仕方なくということもあるでしょう。

こういう場合はやっぱり貯めたお金で何をするか?何を買うか?など、目標(使い道)を決めることです。

やっぱり人間、目指してる物がないとやる気が起きないんですよね?

目標というと何か大きな夢?的な目標がないと駄目かな?というとそうでもありません。

なんでもいいんです。例えば、途中で使ってしまわないように「絶対開封できない貯金箱に貯金する!」でも良いんです。

他にも「来月の誕生日まで貯める!」とか、なんなら「今週いっぱいだけ貯める!」でも、なんでもOK!

最初から大きな夢を持っていて、そのために貯金するって言うならバイト増やしたりした方が手っ取り早いってもんです。

そうじゃなくて、最初から目標!っていうと気負いすぎて続かないって場合は、まずすぐ達成できそうな目標から初めてみれば良いと思います。

逆にやらない方が良いのは、金額自体を目標にすること。

その時点で欲が出てるので、最初から5万とか10万とか無理な金額設定しがちになります。期間まで設定して、「1ヶ月で10万貯める!」って、いや、だからそれじゃバイトした方が早いでしょ?って話です。

やってることはケチ臭いチマチマした作業なんですから、やるならそれに見合った金額を設定しないと駄目ですよね?

小銭貯金というのは買い物でついついお札を出して支払ってしまい、小銭が溜まって財布がすぐパンパンになってしょうがないって時なんかに、溜ってきたら必要最小限の小銭を残してあとは貯金とか、そういう時にやるものです。

そういう貯金方法も良いと思いますよ!

実際小銭貯金は、無駄遣いとか財布がパンパンになるのを防止する効果もあります。

だから、目標といっても先にお話したように「誕生日まで開けない」とか「今週だけ貯める」とかそういうのでいいんです。何かを目当てにしないと人間やる気にならないので、そういった「めあて」を持った方がいいんですというお話です。

意外に貯まる!と思った私の小銭貯金方法

ママ友とかに話したら「それ、いいね!」って高評価だった方法があります。

それは、1週間の予算でやりくりして余ったお金を貯金するというものです。

「は?」と思ったか「な~んだ」と思ったか、皆さんはどちらでしょうか?

これは、貯金すると思ってやってた方法ではないんですが、私が予算を毎月袋分けしていてなんとなくやってた方法です。

それは、私は1週間は1万円でやりくりすると決めています。やりくりと言っても食費だけです。うちは、旦那様が光熱費とかその他もろもろの支払いをしていたので、私は食費だけ管理する役割です。

なので、1ヶ月大体4週なので1ヶ月4万円という事になりますね。

そして、4枚の袋に1万円ずつ前の月に入れて準備しておきます。袋の表に鉛筆で「〇月分 〇月〇日~〇月〇日」と書いて保管しておくんです。

鉛筆で書くのは、毎月同じ袋を使うので何度も書き換えられるようにするためで、これまたケチ臭いですね。

そして、なるべく冷蔵庫の中が「これはもう買い物しないと何も作れない!」ってなるまで買い物しないんです。当然1週間経つ頃には冷蔵庫の中はすっからかんです。これ意外と気持ちいいんですよね?やってる人も多いと思います。

ですから、1週間7日あっても買い物したのは、3日分だけで終わったなんてこともあります。なので、必ず余るんですよね?

もちろん必要な物しか買いません。3日で1万円使ってしまうような使い方はしません。玉ねぎがなかったら玉ねぎだけ買いに行くとか、そういう買い方です。

これも結構難しいんですけどね。買い物行くとどうしてもあれもこれもって無駄買いしてしまうんで、買い物行く時はよっぽど強じんな精神を持っていないといけませんから、意思の弱い人には不向きでしょう。

でも私はこれで結構、意思が強くなりましたよ!いつの間にか鍛えられましたね。

それに、ないなりに何か工夫して作ったりするんで、思わぬアイディア料理なんかできたりします。何を作ったかなんて人に言うほどのアイディア料理ではないのでここでは省きますが、とにかく人は何か必要に迫られないとその気が起こらないので、そういった自分なりの目当てを持ってやりましょう。

1週間1万円で買い物して、1週間後に余ったお金をその袋の中に入れます。

そして次の週に入ったら、また次の週の袋の1万円を財布に入れます。そして、またその1週間スタートです。

この繰り返しで1ヶ月経つ頃には、結構小銭だけじゃなくお札も貯まっています。

1ヶ月分合計すると、私の場合10万円越え!って事もありましたよ!

もはや小銭貯金じゃなくなってるかも知れませんが、意外と貯まりやすかった方法でした。

まとめ

小銭貯金はやっている人は多いけど、意外と貯まらないとかすぐ使ってしまうとか、もっと楽にたくさん貯まる方法はないのかなど、そういう話をよく聞いていたので今回、この話題を取り上げてみました。

しかし、覚えておいて欲しいのは小銭貯金ごときで大きな欲はかかないことです。

しっかり働いてお金を稼いで小銭貯金はその補助的な役割でするものなので、小銭貯金メインでマイホームを買う!とか海外旅行に行く!とかだと何年もかかりますので、そういう手っ取り早く貯めたい方は働いてください。

子供が成人するまでにいくら貯める!とか、そういう感じでやらないと続かないってことです。