初めまして。リリコと申します。現在20代後半のOLです。

これから、私の恋愛遍歴についてブログを書いていこうと思っています。

初恋から思春期の恋愛、成人してからの出会いなど、それぞれエピソードとして書いていきますので、よろしければ最後までお付き合いください。

 

私が初めてお付き合いしたのが中学1年生になりたての頃。

小学生の時は好きな人がいても「お付き合い」までは、なかなか発展しないですよね。

片思いで終わるか、両想いだけど告白しなかったり、「付き合う」という形をあまり気にしていなかった気がします。

初めて付き合ったのは、小学校6年間、奇跡的にずっと同じクラスで、ただの仲のいい男友達でした。

小学6年生の時に隣の席になり、友達感覚から気になり始め、お互いを意識し合うようになっていました。

小学卒業後は学区が同じだったので同じ中学に進学。この時はクラスが別々に。

でも廊下で会うたび、お喋りして小学生の時のように仲良くしていました。

お互いが意識しているのは、なんとなくわかっていたので、「いつ告白してくるか」と私は待ち望んでました(笑)

中学1年生の夏、その時がついに来ました!

「ずっと好きでした。付き合ってください。」と、彼から告白されました。

私も「ずっと好きでした。よろしくお願いします」と即OKしました。

晴れてカップルになった私たち。

身長が高くバスケ部で優しい、H君。

小学校からの仲なので、今まで通り変わらず喋れると思ってました。

ですが、とてもシャイなH君は、「付き合う」ことになった日から、恥ずかしくて廊下で会っても挨拶くらいしかしてくれなくなりました(笑)

「シャイなのはわかるけど、突然喋らなくなる!?」と私は驚きました。

他の女の子とは普通に喋るのに、私とはあまり喋らず…..。

中学生の頃のお付き合いって、変に意識して、周りからからかわれるのが嫌だから、どうしていいかわからないですよね。

意識しすぎて、態度も変だし、「あの子とあの子付き合ったらしいよ」という噂が広まるのも早いです。

だからなのか、せっかく両想いで付き合えたのに、今までより仲良しじゃない!と不満爆発(笑)

その頃はまだ携帯電話を持ってる子は少なかったので、私たちは手紙で会話してました。

文通とか懐かしいです(笑)

お互いの下駄箱に手紙を入れたり、クラスの子に渡してもらったり。

直接的な会話は減ったけど、手紙のやり取りをずっとしてました。

そんなある日、H君からの手紙に「今日から一緒に帰らない?」とお誘いが!

私は嬉しくて嬉しくて、親友に「やっと一緒に帰れるよ!」と即報告。

放課後、部活終わりに下駄箱で待ち合わせをして、初一緒に帰ることに。

でも、やっぱり彼は全く喋らず、話しかけても「うん」や「そうだね」ばかり。

無言が続き、私の家についてしまいました。

「これから毎日一緒に帰れたらいいな」とポツリという彼。

心の中では「喋らないじゃん!」とツッコんでしまいました(笑)

それから、毎日一緒に帰ることに。

けど、ほとんど喋らない彼に私は、はっきり言うことにしました。

「どうして話してくれないの?付き合う前はあんなに話していたのに」と。

すると彼は、顔も耳も真っ赤にして「付き合ってることが嬉しくて、恥ずかしくてうまく話せなくなった」と答えてくれました。

私は「両想いなんだし、嬉しいのは私も一緒だよ。でも今までみたいに話せなくなるのは嫌だよ」と言うと、「ごめんね。ちゃんと喋るようにする。嫌いだから話さないわけじゃないから、ただ恥ずかしいだけ。これからは喋るから」と言ってくれました。

次の日も手紙のやり取りをしつつ、毎日一緒に帰る約束をして、廊下で会ったら少しは喋ってくれるようになりました。

今思うと本当にピュアだったな~としみじみ思います(笑)

少しずつ前のように話してくれるようになり、いつもは私の家まで送ってバイバイなのですが、学校からの距離が近いので、すぐバイバイになってしまうので、ルートを変えて長めに一緒に居れるようにしました。

送ってもらっても、すぐバイバイするのはやめて、道路の端っこで立ち話をするようなりました。

どうしても私の顔を見て話すのは、恥ずかしいらしく、うつむきながら話す彼。

どちらかと言うと、社交的で活発な私は、積極的に話題を振って少しでも話してくれるように、仕掛けていきました(笑)

付き合って2か月の時に夏休みに入りました。

連絡手段がない私たちは、夏休み期間中1回も遊びませんでした(笑)

家の電話にかけるのもお互い恥ずかしかったので、遊べないのは寂しいけど仕方ないと諦めてました。

夏休み明け、久しぶりに会ったので、お互い嬉しい反面、また彼のシャイぶりが発揮されてました。

手紙では、「夏休み中ずっと部活だったよ。遊びたかったね」と書いてきたので、私も「遊びたかったね。今度休みの日にでかけようよ」と誘いました。

出かけるといっても、中学生なのでおこずかいは少ないし行く場所も限られてくるので、まずは公園デートからです(笑)

公園デートだけでも、あの頃は幸せでした。

 

今回はここまでにして、続きは次回書きたいと思います。

初彼氏のH君とは2年半以上付き合ったので、少し長くなりそうなので、続きは次回に。

 

読んでくださり、ありがとうございました。

次回は「初めてのお付き合い②」を進めていきたいと思います。

リリコ。