8時間ダイエットは、1日24時間のうち、食べられる時間を8時間に制限するという、至ってシンプルなダイエット方法です。それ以外の16時間は、水分のみを摂取して生活をします。そのため、決められた8時間の中であれば、過度な食事制限をする必要はありません♪ちなみに、8時間のうちでとれる食事量は、だいたい2食程度となります。1日2食になると、毎日3食きっちり食べている頃と比べると、食べる量は減ります。1日2食!?と驚いてしまう方もいるかもしれませんが、3食から2食に減らすことは、それほど大変なことではないようです。現代人は、栄養を過剰に摂取しすぎている、ともいわれていますから、今無駄に取り入れている分を削ぎ落としていこう!という感覚が、このダイエットにおけるポイントなのかも。

1.効果

8時間ダイエットは、食事をする時間が8時間ときちんと決められているので、それ以外の時間は胃腸を休めることができます。

毎日ずっと食べっぱなしだと、胃腸は休むことなくフル稼働状態……。そうなると胃腸の機能が低下し、便秘などにつながってしまうことにもなります。8時間ダイエットを取り入れることで、しっかりと胃腸に休息する時間を与えられるので、胃腸の機能が回復し、便秘の改善にもつながるそうです。また、夜遅くに食事をする生活を送っていると、寝る前や寝ている間も胃腸は休むことができず、睡眠の質も低下してしまいます。朝の目覚めがスッキリしない、胃がもたれる、といった症状に悩んでいる場合にも、8時間ダイエットがおすすめです。

①1日の食事時間を決める

8時間ダイエットを行うにあたって、食事をとる時間を予め決めておくようにしましょう!最低でも、寝る3時間前までには、夕食を食べ終えておくことが理想的であるといわれています。夜11時に寝る場合は、遅くても夜の8時までには夕食を食べ終えておく必要があるということですね。いつも朝食を食べていない場合は、お昼の12時から、夜の20時までの8時間で設定しても良いでしょう。また、朝食をしっかりと食べたい方は、朝の7時からお昼の15時までを食事の時間と設定すると良いのではないでしょうか。太りにくい時間は14時~15時とされているので、この太りにくい時間を食事に当てるなど、工夫をしてみるのも大切です。

②スーパーフードを食べる

好きなものを食べることができます。しかし、ダイエットをより意識するのであれば、ローカロリーで高栄養価なスーパーフードを積極的に取り入れるのがおすすめです。

③適度な運動をする

それほどハードな運動をする必要はなく、ウォーキングなどの日常的に取り入れられる手軽なものでも構いません。いつもなら自転車に乗るところを歩いてみたり、寝る前にストレッチを取りれてみたり、休みの日にはスイミングに通ってみたりするのも良いですね。

④水分補給をしっかり行う

8時間ダイエットは、食事の時間を決めるとともに、大切なことがあります。それは、水分補給を徹底して行うということです。人間は、体の約60%~70%が水分でできているといわれています。エネルギーは脂肪を燃焼させることで補うことができますが、水分はそうもいきません。平均として1日1.5ℓほどの水分を摂取することが、体に良いとされています。しっかりと水分をとることは、排便の手助けにもなるので、体にとってはとても大切なことなんです。水分をしっかりとることで、集中力の持続にも繋がるそうです。

2.注意

8時間ダイエットだからといって、8時間のうちに暴飲暴食をしても良いという意味ではないです。基本的に、摂取カロリーは今までと同じくらいを目安に摂取するようにしてください。ダイエットでは摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまっては意味がありません。今回ご紹介している8時間ダイエットは、プチ断食や置き換えダイエットと似ているということもあります。ダイエットを行う期間は、2週間と設定しておき、無理なダイエットはやめるようにしたほうがいいです。

3.まとめ

仕事の関係で8時間以内に食事をとることが難しい場合には、10時間や12時間ダイエットにしても大丈夫です。私は今週末だけ8時間ダイエットをする。1日おきにする。などしてゆっくりと進めています。