二の腕がタプタプしていて、太いことに悩んでいる人は多いと思います。二の腕が太いと、ノースリーブやピッタリしたTシャツを着た時に、どうしてもたくましい印象になってしまうんですよね。二の腕はダイエットしにくい部分なので、細くするためには、意識的に動かさないとダメです。

二の腕がタプタプして太い理由は、二の腕の筋肉を使わないからです。筋肉を使わなければ、その部分はたるみ、さらに脂肪がついてしまいます。そして、その脂肪は普通にダイエットをしても、なかなか燃焼されません。動かさないのですから、脂肪が取れにくいのです。二の腕は普段使わないので、太りやすく引き締めにくいというダイエット泣かせの部位なんです…

1.正しい姿勢を保つ

二の腕を細くする方法の2つ目は、正しい姿勢を保つことです。姿勢と二の腕は一見何の関係もないように思えますが、そんなことはありません。猫背になったり、巻き肩になっている人は、二の腕が太くなりやすいのです。わきの下や鎖骨周辺には、リンパ節があります。猫背や巻き肩になると、その部分が圧迫されますので、二の腕のリンパの流れが悪くなってしまうのです。二の腕のリンパの流れが悪くなれば、二の腕の余計な水分が回収されにくくなりますので、むくみが出てしまいます。さらに、代謝が落ちて脂肪が落ちにくくなりますので、ダイエットをしても、効果が現れにくくなってしまいます。

2.簡単方法

①二の腕を細くするための方法は腕振りウォーキングです。普通のウォーキングをしながら、さらに腕をしっかり振るようにすることで、二の腕はぐんぐん細くなっていきます。ウォーキングは有酸素運動ですから、全身の脂肪を燃焼させることができます。そこにさらに腕振りを加えることで、二の腕の脂肪を重点的に燃焼させることができるんです。

コツは

・肘は90度に曲げる

・前に振るよりも後ろに肘を引くことを意識する

②肩回しストレッチ

両腕を肩の高さまで平行に上げます。この時、手のひらは上に向け、腕はまっすぐ伸ばしましょう。右腕をひねっていきます。腕は床と平行のまま、親指を下方向に1回転させるような気持ちで、刺激を感じるところまで肩からひねりましょう。左も同様に行います。左右交互に、20回ずつを1セットとし、1日に2回程度行うと効果的です。

③ペットボトルで二の腕筋トレ

一般的な500mlのペットボトルを1本用意しましょう。中身は基本的に満たしておきますが、重いと感じたら無理はせず、量を調節してください。足を肩幅程度に開き、浅いスクワットの要領で膝を曲げます。このとき、片手でペットボトルの真ん中あたりを持ち、反対の手は胴体を支えるように膝の上におきます。上半身は前に倒し、しっかりと背筋を伸ばしましょう。ペットボトルを持った方の腕を、地面と平行になる位置まで伸ばします。後ろに向かって、まっすぐに伸ばしてください。息を吸いながら、ゆっくり肘を曲げ下ろします。脇は締め、肘が90度に曲がるように下ろしてください。その後、息を吐きながら、ゆっくりと肘を後ろにまっすぐ伸ばします。反対の腕も、同様に行い、左右20回ずつ行うと大変効果的です。

3.まとめ

ストレッチとトレーニングで腕を刺激し、理想のカラダを目指しましょう!