みなさんは毎日朝食を食べていますか?朝食は食べないほうがいいという意見や、美容のためにスムージーだけという方もいらっしゃいますよ。長年対立している、朝食を“食べる派”と“食べない派”です。

朝は、内蔵を休めるべき時間なので、固形物は食べない方がいい。ただし、それでは栄養も不足してしまうので、消化負担がかからないフルーツやプロテインを摂取するが私流です。

1.食べない派

・朝食を食べると排泄の邪魔をしてしまう

人体の生理リズムは1日の中で3つに分けられていて、AMまでが“排泄の時間”、正午~午後8時までが“栄養補給と消化の時間”、午後8時~が“吸収と代謝の時間”という考え方があります。

この考え方によると、朝は排泄に最も適した時間であるため、朝食を食べてしまうとその生理リズムを乱してしまうと言われています。胃に食べ物が入ってくることで排泄するためのエネルギーが消化することに向いてしまい、よい排便ができなくなってしまうそう。

・朝食を食べると胃腸を24時間フル稼働状態にしてしまう

食べたものを消化・吸収・排泄するためには約18時間かかると言われています。つまり、食事の間隔が18時間空かないと胃腸は1日中絶え間なく働くことになってしまうということです。食べた物を消化・吸収するには膨大なエネルギーを要するため、胃腸がこのように動き続けることで体も休まらず、 眠気やだるさといった朝の不調に繋がると言われています。

・1日のトータル摂取カロリーを抑えることができる

カロリーを3食で摂取する場合、抜きやすい朝食を食べないことで単純に1日の摂取カロリーを減らせることができるという考え方です。

2.食べる派

・余計に昼食・夕食を食べてしまうから

朝食を取らないと、血糖値が低い状態が続き、脳は飢餓感を感じます。その結果、食事のコントロールができなくなり、昼食と夕食でドカ食いをしてしまい、かえって太ってしまう可能性があります。

・脳が働くために必要なブドウ糖が不足するからそして、脳のガソリンともいえる、ブドウ糖が不足してしまうと、午前中ぼーっとしてしまったり・イライラしやすくなると言われています。

・朝食を抜くことで、糖分が不足すると、脳は筋肉をエネルギーとして使うようになります。その結果、基礎代謝をあげて、脂肪を燃焼する役割の筋肉量が減ってしまいます。

3.アスリートは朝食を食べない人が多い!

アスリートでも、朝食を食べない人が多く、朝は排出の時間なので内蔵を休めて、練習や試合後にたくさん食べるそうです。