くんおもうこんにちは、リリコです。

今回は高校生活について書いていきたいと思います。

高校生活にも慣れてきた頃、部活とバイトの合間を縫って会っていた私たち。

日常は充実していたし、新しい友達とも仲良くなって遊んだり、お泊り会をしたりと、楽しい毎日でした。

ある日、彼から「今から会える?」とメールがきました。

私はいつも通りだと思い、会えるから嬉しくて、ウキウキで公園で待ち合わせをしました。

なぜか、いつもより冷たい彼。

今まで一度も冷たくされた事がなかったので、どうしたのかと心配になり、「何かあった?」と聞きました。

無言のまま、何も話そうとしない彼に私は「会おうって言ったのに、何でなにも喋らないの?」と強い口調で話しかけました。

すると彼は小さな声で「別れよう」とつぶやきました。

私は聞き間違いだと思い、「え?なにか言った?」と話を流そうとしましたが、今度ははっきりと「別れよう。」と言われました。

突然のこと過ぎて、何が何だか理解できず、とりあえず理由を聞くことにしました。

「急にどうして?なにもなかったじゃん。普通に会ってたし、メールでもそんな感じしなかったよ?」と聞きました。

彼は「高校生になって、友達もできて、部活も楽しくて、リリコとも変わらず会ったりしてて楽しかったけど、部活で仲良くなった子が気になるようになってた。」と言いました。

「その子を好きになったの?私よりも?」と聞き返しました。

彼はうなずき「ごめん。いつの間にか好きになってた。本当にごめん。」とうつむきながら言いました。

私は納得がいかず、「絶対に別れたくない。好きだもん」と訴えましたが彼の意志は固く、「ごめん」を繰り返すばかり。

真面目で一途だと思っていた彼からの突然の別れ話に戸惑い、泣き崩れました。

「本当にごめん。嫌いになったわけじゃないから…。」と言われても、好きな人ができてしまった以上、嫌いで別れる訳じゃなくても、すぐには返事することができませんでした。

何時間か泣き続け、その間彼は一言も喋らず黙ったまま、時間だけが過ぎていきました。

もう選択肢は一つしかないんだと、心の中で思い、「わかった。別れよう。」とだけ告げて、その場を離れました。

泣きながら家に帰り、部屋についても頭の中が整理できず、ただ泣き続けました。

その後、彼から「別れたけど、友達として仲良くしたい」とメールが来ていて、初めはそんな簡単な事じゃないと頭にきましたが、冷静になり、友達として仲良くしていきたい気持ちが出てきたので、別れた後も友達に戻ることに。

そんな彼とは今でも仲の良い友達です(笑)

成人式で久しぶりに再会しても、元カノ元彼同士というより、友達として「久しぶり!」と話せる関係です。

高校に入学して3カ月でY君と別れた私は、フリーを満喫してやる!という気持ちで、友達と遊びまくりました。

友達から、男の子を紹介されてメールしたりしましたが、いまいちピンとこず、交際に発展しない人も何人かいました。

彼氏作りより友達と遊んでた方が楽しい!と思っていた頃、また友達から男友達を紹介され、グループで遊ぶことに。

私と友達と、友達の男友達2人と遊ぶことになりました。

感じの良い人でとてもノリがいいD君と、すぐ仲良くなりました。

4人でカラオケに行き、楽しく遊んでいたら、なにやら友達ともう1人の男友達がいい雰囲気に!!

後から知ったのですが、その時すでに友達はその男友達と両想いだったことが判明しました(笑)

付き合う前にグループで遊んでみようという、巻き込まれた感じです(笑)

そっちの2人がいい雰囲気なので、こっちも流され2人きりで話す感じに。

ノリが良いので会話が途切れず、終始楽しく過ごしました。

私はトイレに行きたくなり、携帯を置いたままトイレへ1人で行きました。

トイレから戻ると、明らかにさっきとは違う感じで、D君が不機嫌になってました。

私の頭の中は?マークでいっぱいです。

話しかけてもシカト、理由を聞いてもシカト。

全然わけがわからず、別にいいやと思い、私は携帯をいじり始めました。

するとD君が「他に仲良い男いんじゃん」と強い口調で睨まれました。

「え?別にD君と付き合ってるわけじゃないし、今日初めて会ったし、関係なくない?」と思って、「普通に仲良い人はいるけど、なに?」と私も強い口調で言い返しました。

突然何なの、と思っていたら「実はトイレに行ってる間に携帯見た」と言われ、「はぁ!?」と私はぶちぎれました。

「付き合ってもないのに、何勝手に人の携帯見てんの。ふざけんな。」と言うと「気になったからつい見ちゃった」と訳のわからないことを言いだす始末。

私はこんな人あり得ないと思い、友達に「先に帰る」と言い、1人で帰りました。

今でも思い出すとムカつきます(笑)

でも、この人が次の彼氏になっちゃうんです(笑)

印象はよかったのに、理解不能な行動をするD君と付き合うことになります。

それは次回書きたいと思います。

何が起こるかわかりませんね(笑)